1. サカイク
  2. 連載
  3. 「バルサに入る!」息子の夢に寄り添うサポート―久保建史
  4. 【第2回】『バルサに入る!』夢をかなえるために、日常生活で気をつけていた事とは?―久保建史

「バルサに入る!」息子の夢に寄り添うサポート―久保建史

【第2回】『バルサに入る!』夢をかなえるために、日常生活で気をつけていた事とは?―久保建史

2012年6月27日

キーワード:コミュニケーションバルセロナ練習

77AL0426.JPG
 
弱冠9歳にして、スペインのFCバルセロナ(通称バルサ)の下部組織「カンテラ」と契約を交わした久保建英くん。原則13歳からしか受け入れない組織が、特に彼を評価したのが技術と精神力だそうです。彼の父である久保建史さんは、普段の生活において何に気を付けていたのか?第2回も大変興味深い内容をお届けします。
 
 
<< PREV | 記事一覧 | NEXT >>
 
 

――毎朝、公園で一緒にボールを蹴りながらコミュニケーションをとっていたそうですが、どのような話をしていたのですか?

「昨日、なにがあった?」「だれと遊んだ?」「楽しかった?」「つらいことあった?」など、いろんな話をしました。どんなことでもいいので、回答が返ってくると、さらに質問をしました。これは、考えて話す習慣をつけてほしいと思っていたからです。そのときは、親と子の上下関係というよりは、同じ目線で聞くようにしていました。
 
 

―毎朝ふたりで練習をして、それ以外はどこでサッカーをしていたのですか?

幼稚園のときは、年少で入ることのできるスクールを探して、ほかの子どもたちと一緒にボールを蹴っていました。ただ、同じ学年どころか、幼稚園生でスクールに入っている子が少なかったので、小学校1年生や2年生に混じってプレーすることになりました。基礎練習は私と一緒にやっていたこともあり、ある程度はついていくこともできましたが、ミニゲームになると、周囲の子のスピードについていくことができず、ボールに触ることができないことが続きました。サッカーが嫌になるのでは、と心配でしたが、実際には一度も嫌だとは言いませんでしたね。
 
 

―外遊びや日常生活で気をつけていたことは?

外で遊ぶときは靴と靴下を脱ぎ、はだしで遊ばせる機会を多くしました。足の裏は健康のバロメーターでもありますし、足裏の感覚を養うには、はだしが役に立ったと思っています。ただし、ケガをする心配もありますし、靴と家の中が汚れるので、妻は大変だったと思います。それでもいいという人にはやってみる価値はあると思います。それと、なるべくベビーカーを使わず、歩かせることもしていました。
 
P208.jpg

サッカーだけでなく、川遊びも大好きな建英くん

 

―サッカーを始めた頃は、どのようなことを心がけて、一緒に練習していたのでしょうか?

最初は、サッカーを好きになってほしいと考えました。そのためには、うまくなることが一番です。うまくできて、ほめられれば、楽しいと感じるものです。サッカーを始めた2歳の頃は、複数の相手がいたり、サッカーの試合に近い形で学ぶことは難しいので、親子でできるドリル形式の練習をおもにやっていました。具体的には、ボールを『運ぶこと』と『止めること』です。
 
 

―詳細な練習メニューは本書に譲るとして、3、4歳の子を、どうやって取り組ませていったのでしょうか?

その頃はボールタッチやコーンドリブル、ワンバウンドリフティング、コーン当て、シュート、転がってきたボールを止める、浮き球のコントロール、ステップワークなどをやっていたのですが、言葉でやり方を伝えるのは難しいので、まずは見本を見せていました。それぞれの練習の難易度は異なりますが、少し練習すればサッカー経験のない大人でもできます。大人が見本を見せることで、子どもの取り組む態度は変わってくると思います。それに、子どもがやっていること、やろうとしていることに理解を深めるためには、親もやってみるほうがいいと思います。なかなか、イメージ通りにはできませんからね。
 
 

―久保さんは高校、大学とサッカーをしていたそうですが、そのときの経験はどの程度、役に立っていると感じていますか?

私は高校・大学とサッカーをしていましたが、決してトップレベルの選手ではありませんでした。建英がサッカーを始めた最初の頃は、自分の経験をもとに教えていたのですが、小学校に入学する頃には、教えることがなくなってしまったんです。それじゃあサッカーの勉強をしようと考え、映像を見たり、本を読んだりして、18歳でプロになるために、6歳からの12年間でなにを身につけなければいけないかを考えました。不思議なもので、自分がプレーしていたときは、サッカーについてそれほど深く考えたことはなかったのですが、建英に付き合うようになってから様々な情報を集め、一緒に練習をすることを楽しむようになっていったんです。
 
 
<< PREV | 記事一覧 | NEXT >>
 

 
【久保建史さんの著書紹介】
久保さんの子育て法をさらに知りたい方は、こちらをお読みください。ベビーカーを使わずに裸足で外遊び、テレビは見せずに週20冊本の読み聞かせ――「バルサにいきたければ、バルサの練習をしよう」。そういって家族で歩んできたバルサへの道のりを、惜しげもなく公開している。23種の練習メニューつき。
 
 

■FCバルセロナの元コーチが教える「サッカー選手が13歳までに覚えておくこと」

FCバルセロナの選手や世界のトッププロをサポートしてきたスペインの世界的プロ育成集団「サッカーサービス社」が監修した選手が見て学べるU-13世代の選手向け教材。彼らが分析した「Jリーグ」の試合映像をもとに、攻守の個人戦術からグループ戦術まで、選手のサッカーインテリジェンスを磨く32のプレーコンセプトを解説。将来、プロや海外で活躍することを目指す選手必見の教材。
※限定2,000名の豪華特典など要チェックの内容です。詳しくはこちら>>
 
think-soccer-vol2img2.png
 
 
久保建英君の関連記事
FCバルセロナのカンテラ入団が決まった、久保建英君を輩出した人気キャンプに潜入!
FCバルセロナと契約の久保建英君。スペインも認めた『状況判断力』と『決定力』
 
【久保建英君のプレー動画】

 

1
取材・文/鈴木智之 写真/小川博久(FCバルセロナキャンプJAPAN2011より) 写真提供/久保建史 取材協力/株式会社Amazing Sports Lab Japan

関連記事

関連記事一覧へ

「バルサに入る!」息子の夢に寄り添うサポート―久保建史コンテンツ一覧へ(4件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 「バルサに入る!」息子の夢に寄り添うサポート―久保建史
  4. 【第2回】『バルサに入る!』夢をかなえるために、日常生活で気をつけていた事とは?―久保建史

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 子どもの足を速くしたいなら必見!足が速くなる記事まとめ
     
  2. 勝つために上手い子を優先してしまう。上手くない子を上達させるにはどうしたらいい? [池上正コーチングゼミ]
    2017年4月20日
  3. 9歳でなぜサッカーやめたいのか問題
    2017年4月19日
  4. 子どもを「勝たせたい」「うまくさせたい」よりも先に、大切にしてほしい"10の心得"
    2017年4月17日
  5. すぐ早く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の早く走る方法
    2013年6月13日
  6. 子どもは失敗に敏感!うまくいっていない事には親が「無愛想」になって良いイメージを描かせよう
    2017年4月21日
  7. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  8. 足の速さは姿勢で決まる!足が速くなる姿勢をつくる3ポイント
    2016年5月27日
  9. すぐに、誰でも、簡単に! 速く走るために大切な3つのポイント
    2013年9月18日
  10. 【5/12盛岡開催】子育てのお悩みを解決する『ヒント』サカイク保護者向けセミナー
    2017年4月 3日

一覧へ