1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. FCバルセロナのカンテラ入団が決まった、久保建英君を輩出した人気キャンプに潜入!

考える力

FCバルセロナのカンテラ入団が決まった、久保建英君を輩出した人気キャンプに潜入!

2011年8月24日

キーワード:ゲームスペインバルセロナパス海外サッカー知のサッカー

夏休み真っ只中の7月初旬から8月中旬にかけて、「FCバルセロナキャンプJAPAN 2011」がおこなわれました。先日、FCバルセロナのカンテラに10歳にして入団が決まったと報道のあった久保建英君は、2009年に参加したこのキャンプでコーチの目に留まり、その後入団に至りました。そんな注目のキャンプでは、一体どのような指導が行われているのか?をレポートします。

■6歳のちびっ子から中学生まで、練習メニューは同じ

11-08-24-208.jpg 11-08-24-0278_sam.jpg

今年で5年目を迎えるこのキャンプは、FCバルセロナの協力のもと、下部組織やスクールのコーチが来日し、日本の6~13歳を指導するというもの。キャンプは各5日間、4クールで実施され、今年は横浜と大阪で開催されました。

1クールの参加者は80名ほどで、選手は年齢ごとに1グループ20名程度に分かれます。各グループには専任のコーチがつき、常に細かくプレーの指示、アドバイスをしていました。

練習は午前と午後の2部制です。1回の練習は2時間。午前中に基本的な練習をし、午後は実戦形式でおこなわれていました。ある1日のメニューはこのような具合です。

<午前の部>

  • ウォーミングアップ(リフティング、オニゴッコ)
  • マーカーの間をドリブルで進み、障害物をドリブルで避けてシュート
  • 2人1組でドリブルシュート
  • 攻守が次々に入れ替わる3対2


<午後の部>

  • 4人1組で4グループに別れてのパスゲーム
  • 2対2+フリーマン4人
  • 6対6+フリーマン1人


これらの練習を年齢別に、4つに分かれたグループが同じようにおこないます。つまり、6歳のちびっ子から中学生まで、練習メニューは一緒なのです。もちろん、年齢やレベルによって、メニューの難易度は変わります。しかし、同じコンセプトのもとにトレーニングをしていました。

■サッカーをうまくプレーするための『土台』は、6歳も13歳も同じ

コーチは年齢に関係なく、より良いプレーの選択、判断ができる状況であればアドバイスを送ります。そこに、「6歳だから、正しく判断できなくてもいい」という考えはありません。サッカーをうまくプレーするために知っておきたい、ベースとなる考え方の部分については、6歳でも13歳でも同じだからです。

11-08-24-0510.jpg

指導リーダーのマルク・サバテコーチは言います。「状況把握や判断については、少しでも早いうちに教えたほうがいいと思います。なぜなら、身につけた技術を繰り出すために、必要な部分だからです。技術だけを切り取って先に教えたとしても、素早く、正しい判断ができないと、せっかくの技術を発揮することが難しくなります。子供たちはスポンジのようなもの。小さければ小さいほど、どんどん吸収していくので、状況把握や判断などの、プレーをするための土台になる部分は、子どものうちから教え、理解させることが重要です」

■FCバルセロナだから特別なトレーニングをしているわけではない

これはなにも、「バルセロナだから特別に教えること」ではなく、サッカーをうまくプレーするために必要な要素と言えるでしょう。ドリブルやパス、シュートなどの技術を、より良い状況で繰り出すための土台となる「判断」。バルセロナキャンプでは、そこに働きかける指導がおこなわれていました。

11-08-24-0481.jpg

バルセロナの下部組織でイニエスタとともにプレーしていた、チャビ・モンデーロコーチは、日本の子供たちについて、こう言っていました。「学ぼうとする意識が高い。こちらの教えに興味を持って聞いてくれるので、学ぶスピードはとても速かったです」。

新しい刺激を受けた子供たちは、毎日充実した表情でグラウンドを後にしていました。ある子どもは「5日間で終わってしまうのは寂しい。来年も参加したい」と名残惜しそうに話してくれました。子供たちにとって、サッカーに対する新たな考え方に触れることができた、貴重な体験になったのではないでしょうか。

この記事の続きを読む『FCバルセロナキャンプJAPAN 2011で見た『サッカー選手の土台づくり』>>

知のサッカー記事一覧>>

 

取材協力/株式会社Amazing Sports Lab Japan(PC)


■FCバルセロナの元コーチが教える「サッカー選手が13歳までに覚えておくこと」

 
FCバルセロナの選手や世界のトッププロをサポートしてきたスペインの世界的プロ育成集団「サッカーサービス社」が監修した選手が見て学べるU-13世代の選手向け教材。彼らが分析した「Jリーグ」の試合映像をもとに、攻守の個人戦術からグループ戦術まで、選手のサッカーインテリジェンスを磨く32のプレーコンセプトを解説。将来、プロや海外で活躍することを目指す選手必見の教材。
※限定2,000名の豪華特典など要チェックの内容です。詳しくはこちら>>
 
think-soccer-vol2img2.png
 

 

1
取材・文/鈴木智之 写真/小川博久

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(246件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. FCバルセロナのカンテラ入団が決まった、久保建英君を輩出した人気キャンプに潜入!

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 『遊び』を通してサッカーに必要なスキルを身につける!子どもが楽しんで取り組めるトレーニングまとめ
     
  2. 動画で解説!相手の攻撃を前進させないためにバルセロナの選手が行っていること
    2017年2月16日
  3. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  4. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  5. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  6. 「よのなか科」推進の藤原さんが大切と語る"縦"の親でも"横"の友達でもない、"ナナメの関係"がサッカー少年を成長させる
    2017年2月17日
  7. 動画で解説!なぜバルセロナの選手は、ボールを失ってもすぐに奪い返せるのか?
    2017年2月13日
  8. 男子による女子への集団いじめをどうするか問題
    2017年2月15日
  9. FCバルセロナの下部組織&サッカーサービスのスペイン人コーチに学ぶ「13歳までに身につけたい守備戦術」など
     
  10. あなたが"つい"差し伸べた手が、子どもの成長を止めている
    2015年2月18日

一覧へ