1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. シャビを育てた元バルセロナカンテラコーチの教えに迫る!<9>U-12年代の指導に対する考え方

考える力

シャビを育てた元バルセロナカンテラコーチの教えに迫る!<9>U-12年代の指導に対する考え方

2011年6月20日

キーワード:スペインバルセロナ海外サッカー知のサッカー

soccer-services.png

FCバルセロナ(スペイン)の下部組織監督として、数多くの選手を育ててきたジョアン・ビラ。彼の教え子であるシャビ、プジョル、V・バルデスたちは、現在のバルセロナの中心を担っています。ジョアン・ビラは現在、FCバルセロナを離れ、「サッカーサービス」という組織を作り、ヨーロッパやアジア各国を回り、育成年代の選手を指導しています。

今回は、ジョアン・ビラに「U-12年代の指導に対する考え方」について、聞いていきます。

■スペインのサッカー事情

スペインでは、親が子どもにサッカーを教えることはほとんどありません。指導について勉強をしたコーチが、子どもたちを教えています。監督はサッカーに対する知識を持っているので、一般的にいつ、何を教えるべきかを知っています。以前、親は自分の子どもが「いいサッカー選手になれるだろうか」、「うまくなれるだろうか」と心配していましたが、現在のスペインは、そのような状況から変わってきています。

スペインが今のような状況に来るまで、3つの段階がありました。1つ目は30年前、保護者がサッカーチームの監督をしていた時期です。今の日本の状況と似ているかもしれません。2つ目に来たのが、あまりにも競争意識が高まり、勝利を優先する意識が強くなった時期です。そして現在は、3つ目の段階に来ています。

子どもたちが、『サッカーを楽しみながら学ぶ』という世の中になってきました。私はカタルーニャ・サッカー協会でも仕事をしていますが、幼少期から激しい競争をして、レベルの高い一部の選手が上のカテゴリーへ進むピラミッド型ではなく、ピラミッドの土台の部分を広くして、多くの選手を高いレベルへ押し上げようと考えています。

■サッカーを理解している選手

その考えが広まってきたのも、最近のことです。それまで、子どもたちは勝つことだけに関心があり、サッカーを学ぶこと、いいプレーをすることに、それほど興味はありませんでした。監督も試合に勝つために、体が大きい、足が速いなど、フィジカルに優れた選手を探していました。しかし現在、下のカテゴリーでは、『サッカーを理解している選手』を育てることを意識しています。勝ち負けが最優先ではなく、学ぶことを目的にやっています。14歳までに大切なことは、効率よく勝つことよりも、サッカーを学び、学習することです。そして、14歳以降に競争の段階に入り、選ばれた選手がプロになります。

1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(253件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. シャビを育てた元バルセロナカンテラコーチの教えに迫る!<9>U-12年代の指導に対する考え方

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ