1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. <ルールを正しく理解するためにVol.4>警告・退場となるファウルとは?

考える力

<ルールを正しく理解するためにVol.4>警告・退場となるファウルとは?

2011年4月18日

キーワード:ファウルルール審判

110418.jpg

悪質なプレー、ファウルには警告が出されます。どのようなプレーが警告の対象となるのかを知っておくことは、選手として指導者として、大切なことです。

反則を『ファウル』として判断する為には、以下のような条件が必要です。
  1. 競技者によって犯される
  2. フィールド内で起きる
  3. ボールがインプレー中に起きる

 

競技者が次の7項目の反則を犯した場合、警告としてイエローカードが提示されます。
  1. 反スポーツ的行為
  2. 言葉または行動による異議
  3. 繰り返し競技規則に違反する
  4. プレーの再開を遅らせる
  5. コーナーキック、フリーキックまたはスローインでプレーが再開されるときに規定の距離を守らない
  6. 主審の承認を得ず、フィールドに入る、または復帰する
  7. 主審の承認を得ず、意図的にフィールドから離れる

 

交代要員または交代して退いた競技者は、次の3項目の反則を犯した場合、警告がされます。
  1. 反スポーツ的行為
  2. 言葉または行動による異議
  3. プレーの再開を遅らせる

 

警告(イエローカード)ではなく、退場(レッドカード)の対象となるファウルは次のようなものです。競技者、交代要員または交代して退いた競技者は、次の7項目の反則を犯した場合、レッドカードが提示され、退場を命じられます。
  1. 著しく不正なファウルプレー
  2. 乱暴な行為
  3. 相手競技者またはその他の者につばを吐く。
  4. 意図的にボールを手で扱い、相手チームの得点または決定的な得点の機会を阻止する。
  5. フリーキックまたはペナルティーキックとなる反則で、ゴールに向かっている相手競技者の決定的な得点の機会を阻止する。
  6. 攻撃的な、侮辱的な、または下品な発言や身振りをする。
  7. 同じ試合の中で二つ目の警告を受ける。


退場を命じられた競技者、交代要員または交代して退いた競技者は、フィールド周辺及びテクニカルエリア周辺から離れなければいけません。

特に注意が必要なのは、『乱暴な行為』です。(ボールが)インプレーである、なしにかかわらず、フィールド内またはフィールド外でも起こり得ることです。また、全ての警告や退場は、相手競技者、味方競技者、主審、副審、その他の者に対して反則を犯した場合にも適用されることを覚えておいてほしいと思います。

以上が警告、退場となる行為です。これらに該当するプレーはしないように、フェアプレーの精神でプレーすることを心がけることが選手の成長、そしてチームの勝利につながります。ルールを正しく理解し、練習時から選手、指導者が意識をして取り組み、ワンランク上の選手、チームになることを目指しましょう!

取材協力:町田JFCジュニアユース アドバイザー 菊池正史

 

<<ルールを正しく理解するために 最初の記事に戻る

1
取材・文/鈴木智之、写真/平間喬

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(245件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. <ルールを正しく理解するためにVol.4>警告・退場となるファウルとは?

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「厳しいサッカーよりも楽しいサッカーをしてもらいたい」徳永悠平のサッカー少年の育て方
    2017年1月10日
  2. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  3. 本来の力が発揮できなくなるかも?"ポジティブシンキングの罠"に注意
    2017年1月12日
  4. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  5. 「自分の内側からやりたいと思えることを続けてほしい」FC東京・徳永悠平の父親論
    2017年1月11日
  6. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  7. 父は思春期とどう向き合えばよろしいか問題
    2017年1月16日
  8. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  9. プレイヤーズファーストって知ってる?ただ褒めるだけではなく、然るべきタイミングに褒める親になろう
    2017年1月 6日
  10. 「緊張しても失敗しない!」子どもの自信を育てるメンタル・トレーニング
    2017年1月 5日

一覧へ