1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. <ルールを正しく理解するためにVol.1> なぜファウルをしてはいけないの?

考える力

<ルールを正しく理解するためにVol.1> なぜファウルをしてはいけないの?

2011年4月 7日

キーワード:ファウルルール審判

110407.jpg

サッカーを楽しくプレーするためにも、ルールを正しく理解することは大切です。小学生のうちからルールを正確に覚えておくことは、選手の成長にもつながります。1回目となる今回のテーマは「なぜファウルをしてはいけないの?」です。

■「ファウルをしてはいけない3つの理由」

なぜ、ファウルをしてはいけないのでしょうか? その理由は3つに分けることができます。

まず1つ目は「ルール上、禁止されているから」です。 ルールはサッカーを成立させるために、なくてはならないものです。統一された基準を持たず、好き勝手にプレーしていては、試合自体が成立しません。スポーツとして楽しむためにも、選手や指導者みんながルールを守ってプレーすることが大切になります。

2つ目が「選手の安全のため」です。 相手を蹴ったり、叩いたり、必要以上の力でプレーをすることは、相手にケガをさせることにつながります。相手チームの選手は『相手』であって、『敵』ではありません。試合が終われば、サッカーをプレーする同じ仲間です。仲間を傷つける恐れがあるプレーは慎みましょう。

そして3つ目が「試合のペースをつかめなくなるから」です。 ファウルをすると、相手チームのフリーキックで試合が再開します。フリーキックは常に相手ボールなので、相手チームにとって有利な状態=自分のチームにとっては不利な状態です。試合を分析すると、ファウルが多発する時間帯は、自チームの得点は少なくなっています。ファウルをすると、相手に試合のペースを明け渡すことになるので、できる限りファウルをしないよう心がけましょう。

ここに挙げた3つの理由を読むとわかるとおり、ファウルをすることは、チームにとって不利益になることばかりです。勝つために、

いいプレーをするためには、ファウルを減らすことがポイントになります。 それでは、ファウルを減らすためにはどうすればいいでしょうか? 指導者、選手、審判の3つの観点でポイントを紹介します。

1  2
取材・文/鈴木智之、写真/平間喬

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(246件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. <ルールを正しく理解するためにVol.1> なぜファウルをしてはいけないの?

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「子どものやる気を引き出すために、親がやる気になっていませんか?」風間八宏流・子どものやる気を引き出す方法
    2017年1月18日
  2. 「君ならできるのになんでやらないの?」風間八宏流・子どもを伸ばす"褒めながら怒る"方法
    2017年1月20日
  3. JリーグMVP中村憲剛がサッカー少年に伝えたい、うまくなるための「考え方」とは
    2017年1月17日
  4. 目標を達成するために重要な「自信」の育て方
    2017年1月19日
  5. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  6. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  7. 父は思春期とどう向き合えばよろしいか問題
    2017年1月16日
  8. "対戦相手を思いやれる"バルサの12歳は、どのように育てられるのか
    2016年9月 1日
  9. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  10. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日

一覧へ