1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. <ルールを正しく理解するためにVol.3>ファウルの種類を知ろう

考える力

<ルールを正しく理解するためにVol.3>ファウルの種類を知ろう

2011年4月14日

キーワード:ファウルルール審判

110414.jpg

U-12などのジュニア年代では、なかなかルールを正しく理解する機会が少ないもの。選手だけでなく、指導者や保護者がルールについて理解をすることが、選手に対する適切なアプローチにつながります。ここではファウルの種類について、解説したいと思います。

■ファウルの種類(直接FK・PK)

競技者が下記7項目の反則を不用意に、無謀に、過剰な力で犯したと主審が判断した場合、直接FKが相手チームに与えられます。ここでポイントになるのが、「不用意に、無謀に、過剰な力で犯したと主審が判断した場合」という言葉です。たとえば、ほんの少し足がかかったとしても、それが不用意に、無謀に、過剰な力でなければ、ファウルにはなりません。

  1. 相手競技者を蹴る、または蹴ろうとする
  2. 相手競技者をつまずかせる、またはつまずかせようとする
  3. 相手競技者に飛びかかる
  4. 相手競技者をチャージする
  5. 相手競技者を打つ、または打とうとする
  6. 相手競技者を押す
  7. 相手競技者にタックルする


それぞれ英語で1.キッキング、2.トリッピング、3.ジャンピングアット、4.ファウルチャージ、5.ストライキング、6.プッシング、7.タックルといいます。試合中は英語でのいい換えも頻繁に行われるので、用語として覚えておきましょう。

次の3項目の反則を犯した場合も、直接FKが相手チームに与えられます。これらは警告・退場になる行為です。

  1. 相手競技者を抑える。
  2. 相手競技者につばを吐く。
  3. ボールを意図的に手または腕で扱う。


8.は英語でホールディング、10.はハンドリングやハンドなどのいい方をします。

1  2
取材・文/鈴木智之、写真/平間喬

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(251件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. <ルールを正しく理解するためにVol.3>ファウルの種類を知ろう

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 熱心なあまり子どもたちにダメ出し、試合で指示する保護者をどうしたらいいか?
    2017年5月22日
  2. すぐ早く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の早く走る方法
    2013年6月13日
  3. 子どもに「来ないで!」と言われないために......。知っておきたい応援の心得
     
  4. 足の速さは遺伝がすべてじゃない! 子どもに教えたいサッカーで速く走るコツ
     
  5. 「ディフェンスは腰を落とせ!」は間違いだった
    2014年5月20日
  6. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  7. 過去には中井卓大くんも参加! レアルのカンテラコーチに直接指導を受けられるチャレンジキャンプを開催
    2017年5月23日
  8. 【動画1】大人は消える、失敗させる ― 池上正さんの「魔法のコーチング」を動画で紹介
    2017年5月23日
  9. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  10. 厳しい父親と膝痛に苦しむ息子をどうすればいいの問題
    2017年5月24日

一覧へ