1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. <ルールを正しく理解するためにVol.3>ファウルの種類を知ろう

考える力

<ルールを正しく理解するためにVol.3>ファウルの種類を知ろう

2011年4月14日

キーワード:ファウルルール審判

110414.jpg

U-12などのジュニア年代では、なかなかルールを正しく理解する機会が少ないもの。選手だけでなく、指導者や保護者がルールについて理解をすることが、選手に対する適切なアプローチにつながります。ここではファウルの種類について、解説したいと思います。

■ファウルの種類(直接FK・PK)

競技者が下記7項目の反則を不用意に、無謀に、過剰な力で犯したと主審が判断した場合、直接FKが相手チームに与えられます。ここでポイントになるのが、「不用意に、無謀に、過剰な力で犯したと主審が判断した場合」という言葉です。たとえば、ほんの少し足がかかったとしても、それが不用意に、無謀に、過剰な力でなければ、ファウルにはなりません。

  1. 相手競技者を蹴る、または蹴ろうとする
  2. 相手競技者をつまずかせる、またはつまずかせようとする
  3. 相手競技者に飛びかかる
  4. 相手競技者をチャージする
  5. 相手競技者を打つ、または打とうとする
  6. 相手競技者を押す
  7. 相手競技者にタックルする


それぞれ英語で1.キッキング、2.トリッピング、3.ジャンピングアット、4.ファウルチャージ、5.ストライキング、6.プッシング、7.タックルといいます。試合中は英語でのいい換えも頻繁に行われるので、用語として覚えておきましょう。

次の3項目の反則を犯した場合も、直接FKが相手チームに与えられます。これらは警告・退場になる行為です。

  1. 相手競技者を抑える。
  2. 相手競技者につばを吐く。
  3. ボールを意図的に手または腕で扱う。


8.は英語でホールディング、10.はハンドリングやハンドなどのいい方をします。

1  2
取材・文/鈴木智之、写真/平間喬

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(246件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. <ルールを正しく理解するためにVol.3>ファウルの種類を知ろう

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. レベルがバラバラの子どもたちの練習をどうすればいいか? [池上正コーチングゼミ]
    2017年3月22日
  2. あなたの言動で変わる!いまどきの子どもの「やる気」の引き出しかた
    2017年3月24日
  3. 負けん気が強いあまり暴言や暴力に及ぶ息子の問題
    2017年3月22日
  4. サッカーのケガには2種類ある!? 少年サッカーで起きやすいケガとその対処法とは
    2017年3月29日
  5. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  6. 元Jリーガー監督が語る「どこでも通用するのは"ボールを奪える選手"と"ボールを失わない選手"」
    2017年3月16日
  7. サッカーの攻撃、守備で重要なのは、常にゴールの位置を考えること
    2017年3月28日
  8. 失敗が怖いときは、やるべきことをシンプルにしてあげると緊張は小さくなる
    2017年3月27日
  9. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  10. 子どもが壁を乗り越える力を発揮するために親はどうあればいいのか
    2017年3月21日

一覧へ