1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 【第1回】「"子どもに考えさせる"コミュニケーション術」 -柏レイソル 吉田達磨さんに聞く

考える力

【第1回】「"子どもに考えさせる"コミュニケーション術」 -柏レイソル 吉田達磨さんに聞く

2010年12月 6日

キーワード:Jリーグコミュニケーションコーチングレイソル

柏レイソルU-18の監督として、数々の優秀な選手をトップに送り込んできた吉田達磨さん。現在は育成を統括するアカデミーダイレクターの立場から、下部組織全体の底上げを図っています。現場での経験が豊富な吉田さんに「コーチ、親が知っておきたい子どもとのコミュニケーション」について、話を聞きました。

Q:吉田さんは選手とコーチのコミュニケーションの重要性について、どのように考えていますか?

「選手がパフォーマンスを発揮しやすくなる意味でも、コーチと選手がコミュニケーションをとることは、すごく大事なことだと考えています。選手が心を開いた状態だと、コーチの言うことも受け入れやすいですよね。僕自身、いまはチームを担当していないのですが、直接、選手と話をすることもありますし、各カテゴリーのコーチを通じて『あの選手の調子はどう?』や、『最近どんな話をしている?』と聞くこともあります」

Q:選手とコミュニケーションをとるときに、気をつけていることはありますか?

「チームを担当するときは、全員に声をかけるように心がけています。『おう、〇〇』と名前を呼んであげるのも大事ですし、髪を切ったとか、スパイクが新しくなったとか、なんでもいいので、選手たちが『自分のことを見てくれているんだな』と感じられるように接することですね。あとは、遠慮せずにぐいぐい入っていくことですかね(笑)」

Q:U12の年代は、練習に対する気持ちに波があるケースが見受けられます。そのときはどうコミュニケーションをとればいいのでしょうか?

「サッカーに対して気持ちがのっていないときは、サッカー以外のところに原因があることが多いんです。行きのバスでチームメイトに嫌なことを言われたとか、家で怒られるようなことをして、親に『サッカーに行かなくていい』と言われたとか。ですから、元気がない選手に対して『そこは違うだろ』とか『こうしたほうがいい』などは言わずに、元気が出るコーチングをするといいと思います。『もっとこうしたら?』『もっとできると思うよ』といったように、ポジティブな声かけをすることですね」

Q:選手の気持ちのムラをなくすために、親やコーチはどう接すればいいと思いますか?

1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(245件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 【第1回】「"子どもに考えさせる"コミュニケーション術」 -柏レイソル 吉田達磨さんに聞く

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「子どものやる気を引き出すために、親がやる気になっていませんか?」風間八宏流・子どものやる気を引き出す方法
    2017年1月18日
  2. JリーグMVP中村憲剛がサッカー少年に伝えたい、うまくなるための「考え方」とは
    2017年1月17日
  3. 本来の力が発揮できなくなるかも?"ポジティブシンキングの罠"に注意
    2017年1月12日
  4. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  5. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  6. 父は思春期とどう向き合えばよろしいか問題
    2017年1月16日
  7. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  8. 「厳しいサッカーよりも楽しいサッカーをしてもらいたい」徳永悠平のサッカー少年の育て方
    2017年1月10日
  9. "対戦相手を思いやれる"バルサの12歳は、どのように育てられるのか
    2016年9月 1日
  10. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日

一覧へ