1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 世界最強クラブ・FCバルセロナに学ぶ!引いて守る相手をくずす3つのコツ

テクニック

世界最強クラブ・FCバルセロナに学ぶ!引いて守る相手をくずす3つのコツ

2015年12月20日

キーワード:FCバルセロナイニエスタクラブワールドカップピケブスケッツマスチェラーノラキティッチ

いよいよ本日19:30~、クラブワールドカップの決勝戦、FCバルセロナ対リバープレートが行われます。それに先立ち、スペインのバルセロナを拠点に選手・チームの指導を行う「サッカーサービス」のフリアンコーチに、FCバルセロナの強さの秘密を解説してもらいました。バルサの選手が実行する"ジュニア年代から身につけたい個人戦術"とは、いったいどのようなものなのでしょうか? 
 
実力的には格下の相手なのになかなかゴーを決めることができず、カウンターから失点してしまう。ずっと攻めていたのになんで......。そんなケースは少年サッカーでも多く目にします。今回は、そんな引いた相手に攻めあぐねてしまうときに有効な3つの手段をご紹介します。(取材・文 鈴木智之)
 
GettyImages-501725006.jpg
写真 Getty images
 
<<小学生から実践できる!スアレスがゴールを量産できる3つの理由
 
 

■引いた相手をくずすコツ!バルセロナのCBが実践する“運ぶドリブル”とは

17日に行われたクラブワールドカップ準決勝、FCバルセロナ対広州恒大の試合を分析しましたが、この試合は攻守に渡ってバルセロナが主導権を握っていました。スコア自体も3対0と、バルサにとって簡単な試合だったと言えるでしょう。アジア王者の広州恒大も決して弱いチームではありません。しかし、バルサは75%のボール支配率で試合を進め、GKのクラウディオ・ブラボが防いだシュートは1本だけでした。
 
広州恒大はバルセロナの攻撃力を恐れて、全体的に自陣に下がり、守備的な戦い方を挑みました。バルセロナの攻撃の起点・ブスケッツにはトップ下のリカルド・グラールをつけ、前方へパスを出させない作戦を採用していました。そして、DFラインと中盤のラインを狭くし、バイタルエリアのスペースを消し、ゴール前を固めてきました。「引いた相手をどうやって崩すか」。これは日本代表のアジア2次予選にも通じるものがありますが、バルセロナは個人戦術とチーム戦術を融合させた見事なプレーで、広州恒大の戦術を無力化しました。
 
1つ目のポイントがコンドゥクシオンというプレーです。これはスペインのサッカー用語で、日本語にすると“運ぶドリブル”となります。バルサの最終ラインがボールを持ったとき、広州恒大はワントップのエウケソンがセンターバックのピケとマスチェラーノにプレスをかけました。そして、トップ下のリカルド・グラールはボールの収まりどころである、ブスケッツの近くにポジションをとります。
 
このとき、バルセロナの最終ラインはピケとマスチェラーノの2人に対し、広州恒大はエウケソン1人。つまり、バルサの方が2対1で数的優位になります。そこで、バルサのセンターバックは、ボールを持ったときにドリブルを仕掛けてボールを前に運びエウケソンを引き寄せておき、フリーになっているもうひとりのセンターバックにパスを出す場面が見られました。フリーでパスを受けたピケもしくはマスチェラーノは、同じように前方へドリブルでボールを運びます。そしてパスを出すのですが、ここで重要なことがあります。それが「パスの優先順位」です。
 
最終ラインの選手がボールを持ったとき、もっとも良いパスの選択肢はどこに出すことでしょうか? それは「相手ゴールに、一番近い場所にいる選手に出すこと」です。バルセロナの場合はワントップのスアレスです。彼にパスが通れば、一気にゴール前にボールを運び、シュートに持ち込むことができます。まずスアレスに出すことを考え、相手のマークの状況から考えて、奪われる可能性があるのであれば、トップ下のイニエスタやラキティッチに出すというように、相手ゴールから逆算して、自陣へと選択肢が降りてきます。
 

■“現代最高のボランチ”ブスケッツのパスのタイミングと出しどころに注目!

パスの優先順位を見極め、最適な選手にパスを出す能力が高いのが、川崎フロンターレの中村憲剛選手が“現代最高のボランチ”と称するブスケッツです。バルセロナは広州恒大の守備を崩すために、ピッチの右から左、左から右へと横断する横パスを多用していました。そして、広州の守備をスライドさせ、スペースができたときに縦パスを入れます。ブスケッツはその判断が抜群に上手い選手です。
 
一般的にバルセロナのサッカーは「パスサッカー」と表現されることが多いですが、パスだけでは相手を崩すことはできません。「コンドゥクシオン(運ぶドリブル)」をして、相手選手を引きつけておいて、味方がプレーしやすい状態になってからパスを出す。それがバルセロナの攻撃のベースとなる考え方です。
 
これが得意なのがイニエスタです。広州恒大戦では、ドリブルでボールを前に運び、左サイドのジョルディ・アルバが有利な状況になるまで待って、相手を引きつけておいてパスを出していました。コンドゥクシオンからのパスは13、4歳で身につけるべき個人戦術で、サッカーサービスのスクールやキャンプでも取り組んでいます。ジュニア年代で「いつドリブルをするのか」「いつパスを出すのか」という個人戦術は、ぜひ身につけておきたい部分であり、イニエスタはそのお手本になる選手です。
 
バルセロナは自陣に引いて守る広州恒大に対し、最終ラインのピケとマスチェラーノがドリブルで前にボールを運び、広州恒大の前線の選手をおびき寄せておいて、中盤にできたスペースを使ってパスをつないでいました。そうして相手を揺さぶり、左右にボールを動かして、ピッチ中央部にスペースが空いた瞬間を見逃さず、縦パスを入れて相手ゴールに迫っていました。
 
次ページ:積極的なミドルシュートが強固な相手ディフェンスをくずす
 

日本の育成年代における攻撃・守備の問題点と課題を徹底解説!
「サッカーサービス指導者クリニック2015-2016冬」横浜・東京にて開催決定!>>
Slide_20151204-580x203.jpg
 

●おすすめ商品●

プロの試合映像からマークの技術を学ぶ!

201512cp_think02_01.jpg

Jリーグの試合映像をもとに、サッカーサービス社のコーチ陣が「オフザボール」での正しい動きを徹底解説。実際のプロ選手の動きから学ぶことで、自分の試合でも実践することができます。

知のサッカー2巻>>
サカイク運営スタッフがセレクトしたアイテムが揃う!
E-3ショップ
サカイク、COACH UNITED、Spike!などの取材を通じて得たノウハウから、厳選した商品だけをセレクト。ここにしかないオリジナル商品を中心に、サッカー選手とコーチに本当に必要な商品だけをセレクトして取り扱っております。
1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 世界最強クラブ・FCバルセロナに学ぶ!引いて守る相手をくずす3つのコツ

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  2. 『遊び』を通してサッカーに必要なスキルを身につける!子どもが楽しんで取り組めるトレーニングまとめ
     
  3. 男子による女子への集団いじめをどうするか問題
    2017年2月15日
  4. 動画で解説!相手の攻撃を前進させないためにバルセロナの選手が行っていること
    2017年2月16日
  5. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  6. あなたが"つい"差し伸べた手が、子どもの成長を止めている
    2015年2月18日
  7. 動画で解説!なぜバルセロナの選手は、ボールを失ってもすぐに奪い返せるのか?
    2017年2月13日
  8. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  9. 「よのなか科」推進の藤原さんが大切と語る"縦"の親でも"横"の友達でもない、"ナナメの関係"がサッカー少年を成長させる
    2017年2月17日
  10. 【東京/福岡/広島/鹿児島/千葉/埼玉】足の速さに自信がつく『タニラダー講習会』
    2017年2月14日

一覧へ