1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. スライディングタックルは最後の手段!小学生から学ぶべき守備のセオリーとは

テクニック

スライディングタックルは最後の手段!小学生から学ぶべき守備のセオリーとは

2015年12月 2日

キーワード:FCバルセロナサッカーサービス個人戦術守備知のサッカー

サッカーの局面は2つに分けられます。それは「攻撃」と「守備」です。ジュニア年代において、攻撃のトレーニングはしているけど、守備はあまりしていない。あるいは「守備の仕方を教わったことがない」という人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、スペイン・バルセロナを拠点に世界中の選手、クラブの指導をし、日本各地でスクールやキャンプを開催しているサッカーサービスのフリアンコーチに「ジュニア年代でも身につけられる守備の基本」について話を聞いてきました。(取材・文 鈴木智之 写真 鈴木蹴一)
 
DSC_0348_s.jpg
 
 

■小学生から身につけるべき守備の個人戦術とは

サッカーは1点を争うスポーツです。ゴールを決めることと同じぐらい、ゴールを守ることは大切です。たとえば、先日行われたレアル・マドリー対バルセロナのエル・クラシコ。あの試合はレアル・マドリーの守備がうまくいかず、バルセロナに4点を奪われてしまいました。C・ロナウドやハメス・ロドリゲスなど、世界有数の攻撃力を持った選手がいたとしても、守備がよくなければ試合に勝つことはできないのです。
 
そして、守備にはセオリーがあります。それを知り、トレーニングで繰り返していくことで上達していきます。サッカーサービスは日本でスクールや短期のキャンプを開催していますが、そこではU-13の子どもたちに守備の個人戦術を教えています。それはポジショニングであったり、身体の使い方。ボールを奪うべきか、ゴールを守るべきかといった判断などです。それらを、実際の試合と近い状況下でおこなう練習で身につけていきます。日本においては、育成年代で守備の基本を身につけることの重要性が、それほど深く理解されていない印象を受けます。それはJリーガーや日本代表選手のプレーからも見てとることができます。
 
ワールドカップに出て、C・ロナウドやハメス・ロドリゲスのような選手を抑えこむためには、選手個々が「守備の個人戦術を身につけている」という前提がある上で、チームとして守備の組織が確立されていなければいけません。選手個々の守備戦術については、小学生年代からの積み重ねが不可欠です。身につけるためには時間が必要なので、我々はU-13のスクールやキャンプを通じて、攻撃だけでなく守備のトレーニングも重要視しています。
 

■ボールを奪うことよりも、ゴールを守ることが最優先

たとえば、先日行われたクラシコでもいくつかの守備の改善点がありました。多くのサッカーファンがこの試合を見ていると思うので、例にあげて説明したいと思います。まずは後半開始1分30秒の場面、レアル・マドリーのマルセロがドリブルで左サイドを突破し、バルセロナのピケをかわしてシュートを打った場面です。マルセロの突破はすばらしかったのですが、ピケの対応に改善の余地がありました。
 
ピケはマルセロがドリブルでゴールに向かってきたところ「ボールを奪う」ためにスライディングタックルをしました。それをマルセロにあっさりとかわされ、ペナルティエリアへの進入を許し、シュートを打たれました。ボールはゴールの枠を反れたため、失点にはなりませんでしたが、ゴールを決められてもおかしくない場面でした。
 
ここで、ピケがマルセロに対応した場所に注目してください。ピケがタックルを仕掛けた場所は、ペナルティエリアの外でした。ゴールまでには距離があったので、一か八かのスライディングタックルをするのではなく「ゴールを守る」ことを優先し、ゴールへ進むコースを遮断するようなポジションをとるべきでした。もちろん、トップレベルの試合においては瞬時に判断し、決断をくださなければいけないので、適切なプレーを選択するのは簡単なことではありません。ですが、守備の個人戦術が的確に身に付いており、また我々がスクールなどで提唱している「認知」「判断」を的確におこなっていれば、少なくともタックルを仕掛けてかわされ、シュートを打たれることはなかったのではないでしょうか。
 
次ページ:スライディングタックルは最後の手段
 

ジュニア年代で身に付けるべき、"攻守"の個人戦術を徹底トレーニング!
サッカーサービスウィンターキャンプ2015-2016公式サイトはコチラ!
ssc_link.jpg
 

●おすすめ商品●

プロの試合から守備の動きを学ぼう!

think2_img400x200.jpg

FCバルセロナのカンテラの指導経験もあるサッカーサービス社のコーチ陣が、サッカーに必要な「認知」「判断」「実行」を徹底解説。Jリーグの試合映像をもとに実際のプロ選手の動きから学ぶことで、自分の試合でも実践することができます。

知のサッカー2巻>>
サカイク運営スタッフがセレクトしたアイテムが揃う!
E-3ショップ
サカイク、COACH UNITED、Spike!などの取材を通じて得たノウハウから、厳選した商品だけをセレクト。ここにしかないオリジナル商品を中心に、サッカー選手とコーチに本当に必要な商品だけをセレクトして取り扱っております。
 

サッカーサービスが教える
「世界で活躍するサッカー選手の育て方」を無料配信!

SOCCER SERVICES

サッカーサービスによる「知のサッカーメルマガ(無料)」に登録しよう!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

 
1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. スライディングタックルは最後の手段!小学生から学ぶべき守備のセオリーとは

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 子どもの足を速くしたいなら必見!足が速くなる記事まとめ
     
  2. 勝つために上手い子を優先してしまう。上手くない子を上達させるにはどうしたらいい? [池上正コーチングゼミ]
    2017年4月20日
  3. 9歳でなぜサッカーやめたいのか問題
    2017年4月19日
  4. 子どもを「勝たせたい」「うまくさせたい」よりも先に、大切にしてほしい"10の心得"
    2017年4月17日
  5. すぐ早く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の早く走る方法
    2013年6月13日
  6. 子どもは失敗に敏感!うまくいっていない事には親が「無愛想」になって良いイメージを描かせよう
    2017年4月21日
  7. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  8. 足の速さは姿勢で決まる!足が速くなる姿勢をつくる3ポイント
    2016年5月27日
  9. すぐに、誰でも、簡単に! 速く走るために大切な3つのポイント
    2013年9月18日
  10. 【5/12盛岡開催】子育てのお悩みを解決する『ヒント』サカイク保護者向けセミナー
    2017年4月 3日

一覧へ