1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. スライディングは最後の手段!小学生から身に着けるべき守備のセオリーとは

テクニック

スライディングは最後の手段!小学生から身に着けるべき守備のセオリーとは

公開:2015年12月 2日 更新:2018年1月 8日

キーワード:FCバルセロナサッカーサービス個人戦術守備知のサッカー

■スライディングタックルは最後の手段

これはピケだけの問題ではなく、クラシコに出場するような世界トップレベルの選手であっても、守備時の判断ミスはよく起こります。クラシコではC・ロナウドと対峙したマスチェラーノが、1対1の守備の場面でタックルをし、簡単にかわされていました。C・ロナウドは常に相手をかわすことを意識しているので、マスチェラーノは罠にはまったとも言えます。我々は守備の場面で、選手達に「タックルをするのは最後の手段だよ」と伝えています。ゴール前でタックルをして相手にかわされると、失点につながる可能性が高いからです。

■プレスがかかっていてはじめてボールを奪いにいける

では、試合の中で「ボールを奪う」プレーをすることができるのはどのようなケースでしょうか?

 

それは「相手の足からボールが離れたとき」です。ボールが相手の足元にあるときというのは、相手は自由にプレーができる状態です。その瞬間に足を出して奪いに行くと、相手はかわしやすくなります。そうならないために、相手の足元にボールがあるときは飛び込まず、他の選手の位置を見て、プレスがかかっていると判断したときは、ボールを奪いに行くことができます。この"周囲の状況を見て、ボールを奪いに行くか、ゴールを守るかを判断する"という部分が守備の個人戦術であり、ジュニア年代に身につけておきたい守備の基本です。ぜひ普段のトレーニングから、意識してみてください。

ジュニア年代で身に付けるべき、"攻守"の個人戦術を徹底トレーニング!
サッカーサービスウィンターキャンプ2015-2016公式サイトはコチラ!
ssc_link.jpg

●おすすめ商品●

プロの試合から守備の動きを学ぼう!

think2_img400x200.jpg

FCバルセロナのカンテラの指導経験もあるサッカーサービス社のコーチ陣が、サッカーに必要な「認知」「判断」「実行」を徹底解説。Jリーグの試合映像をもとに実際のプロ選手の動きから学ぶことで、自分の試合でも実践することができます。 知のサッカー2巻>>
サカイク運営スタッフがセレクトしたアイテムが揃う!
E-3ショップ
サカイク、COACH UNITED、Spike!などの取材を通じて得たノウハウから、厳選した商品だけをセレクト。ここにしかないオリジナル商品を中心に、サッカー選手とコーチに本当に必要な商品だけをセレクトして取り扱っております。

<$MTInclude module="サッカーサービスメルマガ登録フォーム" parent="1"$>

前のページ 1  2
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(170件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. スライディングは最後の手段!小学生から身に着けるべき守備のセオリーとは