1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 上手くできなくてもイライラしない、 "あきらめる"ことでサッカー上達のヒントを掴む

こころ

上手くできなくてもイライラしない、 "あきらめる"ことでサッカー上達のヒントを掴む

2017年3月 9日

キーワード:あきらめるストレスネガティブな感情上達のヒント

子どものサッカーに関わっていると、たくさんの悩みや不安、ときには不満が浮かんできます。そこでサカイクでは、元結不動密蔵院住職であり「あきらめる練習」「気にしない練習」など、多くの著書をお持ちのベストセラー作家・名取芳彦(なとり・ほうげん)さんに、親の心構えについて話を聞きました。(取材・文 鈴木智之)
 
natori.JPG

 

■損得勘定で判断することがストレスの原因となる

小学校で保護者や子ども向けに講演をする機会も多い名取住職。講演をしていると「子ども以上に親がストレスを抱えている」と感じるそうです。その理由のひとつに「物事を損得で判断することが多いからではないでしょうか」と言います。
 
「仕事などの経済活動であれば、損得で考えるのも良いと思います。ですが、人間の生き方に損得という言葉を当てはめるのは、とても恐ろしいものです。損得で考えると、得をするためには人を裏切るという考えに行き着くからです」
 
「学校生活でいえば、PTAの役員をすることは損。なんでそん(損)なことをしなくてはいけないの、という気持ちになります。本来ならば、誰かがやらなければいけないことをやったのだから、たいしたもんだねと認められこそすれ、損と捉えるのはおかしなことですよね。ところが、現代では『損をすることはしない』という風潮になっています。それが、ストレスの原因のひとつになっているのだと思います」
 

■“あきらめる”ことでサッカー上達のヒントを掴む

では、ストレスを感じないようにするには、物事に対してどのように考えればいいのでしょうか? 名取住職は仏教の視点から、ひとつの考え方を教えてくれました。それが“あきらめる”ということです。あきらめるとは、ネガティブに捉えられがちですが、そこには意外な意味があるそうです。

 
「仏教の最終目標は、いつでも、どんなことが起こっても心が穏やかでいること。それを悟りといいます。心を穏やかに保つために、ネガティブなことを捨てる。それが“あきらめる”ことなんです。諦めるというと、ネガティブに捉えられがちですが、元々は物事の本当のあり方をきっぱりと“明らかにすること”を言います。物事や自分の心のあり方を観察し、理由を見つけ出すことで『それなら仕方がないか』と“諦める”ことができるのです」
 
ストレスを感じる理由の大半が、自分の思い通りにならないことにあります。電車が遅れた、雨が降っている、子どもが言うことを聞かない……。子どものサッカーを見ていて、「なんでうちの子はうまくできないんだろう」「やる気あるのかな…」と思いを巡らしたことのある保護者も多いのではないでしょうか。そんなときに「あきらめる」ことで、気持ちを軽くしてくれます。
 
「サッカーの場合は、なぜお子さんがうまくプレーすることができないのかという理由を明らかにすることも“あきらめる”ことです。うまくできない理由がわかれば、練習をするだけですよね」
 
「学校のテストを例にあげると、テストの目的は“わからない箇所を明らかにすること”なんです。90点という点数にはあまり意味がなくて、残りの10点、取れなかった箇所がわからないことが明らかになった。10点取れなかったところを勉強すれば良いと教えてくれるのが、テストなんです。サッカーでいえば『お前さん、ここができていないんだよ』とコーチが指摘してくれますよね。できないことをするのが練習なんです。サッカーの練習はまさにそうですよね」
 
次ページ:上手に諦めてイライラなどのネガティブな感情を手放そう

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

1  2
文:鈴木智之

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

こころコンテンツ一覧へ(173件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 上手くできなくてもイライラしない、 "あきらめる"ことでサッカー上達のヒントを掴む

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ