1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 子どもたちのフィジカルトレーニング

運動能力

子どもたちのフィジカルトレーニング

2011年9月12日

キーワード:コーディネーショントレーニングフィジカル練習

「発育期の子どもたちは、フィジカルトレーニングってしていいの?」と、質問をいただくことがあります。確かに、「成長過程で筋肉をつけてしまうのはよくないのでは…」など、耳にすることもありますが、ゴールデンエイジ期(9~12歳)にしか、獲得しにくいと考えられる神経系、コーディネーショントレーニングを主軸とした、運動能力向上のための、正しいジュニアのフィジカルトレーニングがあるんです。

 
そこで、多くのプロ選手や育成年代チームのフィジカルトレーニングなどを指導してきた、アスレティックトレーナーの山本晃永さん(Y’S Athlete Support代表)が指導する小学4年生~6年生を対象にした、コーディネーション&フィジカルトレーニングのスクール『GAPS』で行っている練習を取材してきました。お家や、練習後などにも簡単にできるメニューを紹介します。
 

■森本貴幸選手なども実践! フィジカルトレーニング

11-09-12-01.jpg
11-09-12-02.jpg
まずは、ストレッチ(コーディネーション)から始まります。
アキレス腱を伸ばしたり、身体をしっかりとほぐして、運動を行う体勢を整えてスタートです。
 

□正しいフォームを作ろう!

■フロントランジ
《Play》
11-09-12-03.jpg
①その場で、片足を大きく踏み出し、腰を落す
 
11-09-12-04.jpg
②足の接地は、足底のやや前側から行い、つま先立ちにならないように注意
③両足を交互に行う
 
《Point》
①つま先、ヒザは同じ向き
②太ももの前、おしりを意識して、しっかり吸収する
③ストライドが狭すぎたり、広すぎたりしない
④吸収時に骨盤の横ブレがないようにする
 

□正しいフォームを作ろう! 

■サイドランジ
《Play》
11-09-12-05.jpg 11-09-12-06.jpg
①その場で、左右どちらかの方向へ、片足を大きく踏み出し、股関節、ヒザ、足関節をバランスよく曲げる
②両足を交互に行う
 
《Point》
①つま先、ヒザは同じ向き
②太ももの前、おしりを意識してしっかり吸収する
③吸収時に骨盤の横ブレがないようにする
 
※応用として、森本選手は、メディシンボール(3㎏)を持ってトレーニングしています
 

□正しい動きを身につけよう!コンタクト編 

■外力フロントランジ・パートナー
《Play》
11-09-12-07.jpg
①2人が同じ方向を向き、一人がフロントランジの体勢を作る
②後ろの選手が、押す、引くなど、外力をかける
 
11-09-12-08.jpg
③外力をかける部位は、肩や腰など、さまざまな場所とする
 
《Point》
①つま先とヒザは正面
②フロントランジの体勢を作っている選手は、バランスを崩さないように腰を落す
③バランスが崩れても、すぐに体勢を戻す
 
 
11-09-12-09.jpg
そのほかにも、駆け引きや対人トレーニングなど、テーマに沿ったトレーニングをしていました。フィジカルというと、筋トレのような練習を想像してしまいますが、GAPSでは、楽しみながら運動能力を向上させるトレーニングが多く、これまでフィジカルトレーニングのイメージが一遍する内容でした。
 
スクールの詳細は『Y’S Athlete Support』WEBサイト(PC)まで

 

【告知】『サッカー自主練革命』

書籍のコピー(リサイズ).jpg
今回、ご紹介した山本晃永さん(Y’S Athlete Support代表)の最新著書『サッカー自主練革命』が、発売されました!
中高生を対象にした『自主練』がテーマの書籍です。
 
1500円(税別)
発行:イースリー
発売:河出書房新社刊
 
取材協力/Y’S Athlete Support
 
 
 

 

1
取材・文・写真/サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

運動能力コンテンツ一覧へ(91件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 子どもたちのフィジカルトレーニング

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  3. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  4. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  5. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  6. 「褒める」も「叱る」も大事! 子どもの状態に応じて使い分けることが自立のサポートになる
    2017年8月 8日
  7. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  8. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  9. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  10. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日

一覧へ