1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 子どもの背中を押すようなサポートをしてほしい!日本一の街クラブが語る、子どもを伸ばす"理想の親"像とは

親子でチャレンジ

子どもの背中を押すようなサポートをしてほしい!日本一の街クラブが語る、子どもを伸ばす"理想の親"像とは

2016年5月24日

キーワード:レジスタFC子育て街クラブ

昨年度の全日本少年サッカー大会で、街クラブながら並み居るJクラブを破り、初の日本一に輝いた、レジスタFC(埼玉県)。“日本一の街クラブ”は、親と子どもの関わりかたについて、どのような考えを持っているのでしょうか? 6年生の監督を務める中城勉さんに話を訊きました。(取材・文 鈴木智之)
 
Nakajyo_j3-20_s.jpg
 

■カバンをみると親が準備しているか子ども自身が準備しているかわかる

子どもをサッカークラブに通わせる親の思いはさまざまです。「サッカーがうまくなってほしい」という思いもあれば「友達ができるように」「運動をさせたくて」といった考えもあります。レジスタFCの指導方針のひとつに「強く、たくましく」というものがありますが、中城監督は「多くの親は自分の子どもが強く、たくましく育ってほしいと思っています」と語ります。
 
「われわれも当然、子どもたちには強くたくましくなってほしいと思って接しています。ただ、いくらクラブでそのような声掛けや指導をしても、家に帰ったときに、親御さんが子どもに対して手をかけ過ぎると、子どもはどうしても楽なほうに流れていってしまうもの。親御さんには、その線引きをしてほしいと思っています」
 
サッカーの場で、コーチが子どもと関わるのは2時間程度。それ以外は、家庭で親と一緒に過ごします。親が家庭で子どもに対する関わりかたは、グラウンドでのそれ以上に大きな影響を持ちます。
 
「たとえば、サッカーの道具を自分で準備することにしてもそうです。我々としては、子どもたちが自立するようにと思って接していますが、親が子どものサッカーの道具を全部準備してあげると、子どもは自分で用意するようにはなりませんよね。合宿にで子どもたちのカバンを見ると、この家は親が準備しているな、この家は子どもが自分で準備しているなというのが大体わかります」
 
そこで中城監督は、自分で準備をしてきた子に対して「自分でできるんだ」と声をかけるそうです。そうすることで、褒められた子は次からも自分で準備をするようになり、他の子どもたちも“用具の準備は自分でするもの”と理解するきっかけになるそうです。
 
「われわれが接しているのは小学生ですから、一度言っただけではわからない、理解できないこともありますよね。そのためにはサッカーの時間を通して、言い続けないといけない。荷物の準備にしても、合宿に行って最初は自分でできなくても、回数を重ねるうちにできるようになります。そこで子どもに『できてるね』と言うと、その一言で子どもは欲が出たり、向上心が出ます。そのようにして、積み重ねの中で得られるもの、達成できるものがあると思っています」
 
次ページ:親まで厳しく接してしまったら逃げ道がなくなってしまう
 

CUA_Nishijyo0420_MASTER.00_24_02_13.Still003-thumb-580xauto-1909.jpg
中野勉監督の指導風景を動画で公開中!『COACH UNITED ACADEMY』の詳細はこちら>>
 
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

 
1  2
取材・文 鈴木智之

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(175件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 子どもの背中を押すようなサポートをしてほしい!日本一の街クラブが語る、子どもを伸ばす"理想の親"像とは

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. ゴールキーパーの練習メニュー ~シュートブロック編~
    2017年8月21日
  2. サッカーが上手くなるためのビデオ映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  3. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  4. 夏休み、ちゃんと休んでますか? サッカーが上手くなるのに大事な2種類の休み方
    2017年8月21日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  7. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  10. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     

一覧へ