1. トップ
  2. 少年サッカー用語解説
  3. ワンサイドカット

少年サッカー用語解説

子どもやコーチが使っているこの用語ってどんな意味?少年サッカー(ジュニアサッカー)に関わる専門用語を解説

ワンサイドカット

複数で守備をする際のひとつの戦術。例えば攻撃側が三人、守備側が二人の場合。ボールを持つ攻撃側の選手に対し、守備側の選手一人が寄せていきながら、パスのコースも限定していく。そのことでもう一人の守備側の選手がある程度パスのコースを予測しやすくなり、最終的には出てきたパスを読んでボールを奪う。
こうした場合に「ワンサイドカット」の守備を実行したことになる。つまり、敵がパスを出しうるコースを1つ減らしてしまうことで、ワンサイドのパスコースを消し、守備をしやすくする。これを「ワンサイドカット」と呼ぶ、

関連記事

  1. トップ
  2. 少年サッカー用語解説
  3. ワンサイドカット