1. サカイク
  2. 少年サッカー用語解説
  3. ボランチ

少年サッカー用語解説

子どもやコーチが使っているこの用語ってどんな意味?少年サッカー(ジュニアサッカー)に関わる専門用語を解説

ボランチ

ボランチとは、サッカーのポジション名。ポルトガル語で「ハンドル」を意味する言葉。


中盤の底でディフェンダーの前に位置する、守備的ミッドフィルダーのポジション。チームの「運転」を担う重要な役割を担う。

 

現代サッカーにおいて、攻撃のカギを握るのはこのポジションで、速攻するのか、それとも落ち着かせるのか、これを判断するのはボランチの選手であることが多く、どういったテンポで攻撃していくかなどが決まってくることから、「運転手」や「舵取り」といった意味のこの言葉が使われる。

 

たくさんゴールを決めるようなポジションではないが、中盤の要として試合の中で大きな存在感を見せるポジション。試合の流れをコントロールする役割で、ボランチは守備においても攻撃においてもチームの命運を握る重要なポジションである。

 

日本では遠藤保仁、中村憲剛らがボランチの選手として活躍。

関連記事

  1. サカイク
  2. 少年サッカー用語解説
  3. ボランチ