1. トップ
  2. 少年サッカー用語解説
  3. オスグッド

少年サッカー用語解説

子どもやコーチが使っているこの用語ってどんな意味?少年サッカー(ジュニアサッカー)に関わる専門用語を解説

オスグッド

オスグッドと略される場合が多いが、正確には「オスグッド・シュラッター病」という。 膝の脛骨が隆起することで痛みや炎症を起こす。
サッカーなどのスポーツをする10代の子供に多く、骨の成長期と重なることから成長痛と混同されやすいがオスグットは"成長期の子供のスポーツ障害"という位置づけ。 主にオーバーユーズ(使い過ぎ。酷使)による筋肉への疲労蓄積が原因と見られており、発症後はスポーツを控えるのがもっとも有効な治療法と言われている。

関連記事

  1. トップ
  2. 少年サッカー用語解説
  3. オスグッド