1. トップ
  2. 少年サッカー用語解説
  3. アドバンテージ

少年サッカー用語解説

子どもやコーチが使っているこの用語ってどんな意味?少年サッカー(ジュニアサッカー)に関わる専門用語を解説

アドバンテージ

守備側が反則行為を行ったときに、ゲームを止めない方が攻撃側に有利となる場合は、主審の判断でその時点での反則を取らないことがある。 そのことをアドバンテージという。
反則があった時に主審が両手を上前方にあげるジェスチャーをし、プレー続行をうながす。反則をそのまま見逃すという意味のルールではなく、次にボールがタッチラインやゴールラインから出た時、また、反則などによって、一時的に試合が止まった時に警告や退場を命じられることもある。

関連記事

  1. トップ
  2. 少年サッカー用語解説
  3. アドバンテージ