1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~

練習メニュー

ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~

2017年10月11日

キーワード:GKウールシュポルトゴールキーパー

逕サ蜒・sakaiku_uhisport_rogo.jpg
 
「サッカーチームでゴールキーパーを務める息子(娘)。親としてなにか力になってやりたいと思うのですが、どんな練習をすればいいかわかりません。」
 
こんな悩みをお持ちの親御さん、意外と多いのではないでしょうか? そんな読者のためにウールシュポルトとサカイクがタッグを組みお送りするゴールキーパー練習メニュー企画。
   
今回は番外編ということで、ゴールキーパーグローブの正しいメンテナンス方法をお伝えしていきます。ゴールキーパーにとってグローブは、スパイク以上に大切なアイテムです。教えてくれるのは、ゴールキーパー専門のスクール『TDKGKアカデミー落合南長崎校』を運営する武田幸生コーチ。この記事をチェックして、道具を大切にする習慣をお子さんに身につけてもらいましょう。
 
 

■道具を大事にすることで、自分で考える習慣が身に付く

サッカーとは少し離れますが、アメリカのメジャーリーグで活躍するイチロー選手は、小学生が参加する野球教室で子どもたちから「どうすれば、イチロー選手のようになれますか?」という質問を受けると、迷わずにこう答えたそうです。
 
「道具を大事にすること」
 
なぜ、道具を大事にすることがプレーの上達につながるのでしょうか。武田幸生コーチは、「感謝の気持ちや自立心を育てることにつながるから」と言います。
 
道具に感謝する習慣がつくと、買ってくれた両親に感謝したり、一緒に戦ってくれるチームメイトにも感謝できるようになります。また、誰かに感謝するためには、「自分が、なぜ思いきったセービングができるのか?」「好きなサッカーをプレーできているのは、なぜか?」「なぜ、今日の試合勝つことができたのか?」ということを考えないといけません。つまり、感謝することは、自分で考える習慣を身につけるためにもとても有意義なことなのです。考える習慣を身につけることが、サッカー選手としての上達にも繋がるということは、サカイク読者のみなさんならおわかりでしょう。
 
サッカーは、フィールドで状況を把握し、その状況に応じてプレーを選択するスポーツです。つまり、フィールドの中で考えることがプレーの質に直結します。道具を大事にすることが考える習慣を育て、巡り巡ってプレーの向上にもつながるということです。
 
では、実際にゴールキーパーグローブの正しいメンテナンス方法を紹介していきます。
 

■簡単メンテナンスコース

 
★メンテナンスのポイント
 
1.ブラシ、または乾いた布でかるく汚れを落としていきましょう。※手のひらの部分だけでなく、甲の部分もしっかりと汚れを落としましょう。
 
2.消臭スプレーをグローブの中にかけます。嫌なにおいを抑える他に防菌効果もあります。
 
3.はじめにクリーナーを吹きかけます。つぎに乾いた布でグリップ面を軽く抑えるように拭いていきましょう。必要に応じて、手の甲の面も汚れを拭き取っていきましょう。
 
クリーナーを吹きかけたあと、少し時間をおいてグローブに染みわたるまで待ってから拭くことで、さらに汚れを取りやすくなります。
 
4.保管するときは、手のひらの面をぴたっと合わせてはいけません。グリップ力が弱くなってしまう恐れがあります。バックハンド面をつけて、またはタオルを挟んでキーパーグローブケースに入れて保管しましょう。
 
 

■さらにしっかりと洗いたい人におすすめのメンテナンス法はこちら

 
[グローブの洗浄]
30度以下のぬるま湯を用意してください。グローブ用のシャンプーをぬるま湯に2、3滴入れ、グローブを浸します。内側の汚れを外側に出すようにもみ洗いをしていきましょう。とくに指先は入念に行いましょう。
 
[グローブの乾燥]
グローブの水気をよく切り、乾いたタオルで丁寧に拭き取りましょう。拭き取りが終わりましたら乾燥する前に、グローブに自分の手を入れておくことで、自分の手の形をキープすることができます。グローブの中に、グラブドライヤーを入れて保管すれば、グローブ内の湿気をとることができます。
※ドライヤーや乾燥機はパーム面が劣化する恐れがあるため禁止。
 
[パーム面の補修]
パーム面に穴が空いたら補修をしましょう。グラブリペアをパームが剥がれたり薄くなっているところにつけていきます。厚く塗るのではなく、薄く塗るのがうまく補修するコツです。
 
[強い汚れの落とし方]
汚れの強いときにはクリーナーを吹きかけ、乾いたタオルで拭き取る作業を数回にわけて行います。強い汚れでも、このように落とすことができます。
 
[グリップ力の補強]
GKグラブグリップをパーム面に乗せて、パーム面全体に行き渡るように塗込みます。そうすることで粘着性がアップしてグリップ力がアップします。
 

■グローブのメンテナンスは、ウールシュポルトの専用グッズがおすすめ

GKグラブグリップ>>
パームのグリップ力をより高めるムース剤 
 
GKグラブシャンプー>>
パーム部の汚れを落とす本格洗浄用シャンプー
 
GKグラブデオドラントスプレー>>
竹エキスを配合した消臭スプレー
 
GKグラブリペア>>
パーム部の穴を埋める補修剤
 
GKグラブドライヤー>>
グラブ内の湿気を除去し、乾燥を促進
 
<<これまでのウールシュポルトとサカイクのゴールキーパー練習メニュー>>
 
第1回:基礎編
 
 
 
第4回:準備編
 
第5回:応用編
 
 
第7回:ダイビング編
 
第8回:ハイボール編
 
 
1

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(348件)

コメント

  1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. いまさら聞けない「ジュニア年代で身につけたいディフェンスの基本」 おすすめ記事3選
     

一覧へ