1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. ゴールキーパーのキャッチング練習「人差し指と親指で三角形をつくる」

練習メニュー

ゴールキーパーのキャッチング練習「人差し指と親指で三角形をつくる」

公開:2015年1月17日

キーワード:キャッチングゴールキーパー練習メニュー

■キャッチングは、人差し指と親指で三角形をつくる

あなたの子ども、あるいはあなたが指導するチームのGKは、どのようにキャッチングしていますか? 両手でボールを横から挟み込もうとしてませんか? 今回ご紹介した練習メニューで、キャッチングの際の基本的な手の形を覚えましょう。
 
キャッチングの正しい手の形はこうです。
 
chach_01_s.jpg
 
親指と人差し指で三角形を作り、両の掌でボールを包み込むようにキャッチしましょう。
 

■足は肩幅で開き過ぎないこと

キャッチングのとき、足を開き過ぎていませんか? セービングするときに一旦足を飛びやすい間隔まで閉じる動作が入ってしまうので、ボールへの反応が遅れてしまいます。個人差は多少ありますが、足を開く幅の目安は、肩幅くらいです。また、構えたときに力が入ってしまうと、反応が遅くなってしまいます。自然体を意識しリラックスして肩や腋に力が入らないように心がけましょう。
 
スローイン練習だけじゃない!山野陽嗣さんのGK練習の動画はこちらから
h1_01.gif
COACH UNITED ACADEMY>>
 
 
【この記事を呼んだ人はこちらもおススメ】
ゴールキーパーのスローイング練習
ゴールキーパーのキャッチング練習~基礎編~
ゴールキーパーのキャッチング練習 ~ポジショニング編~
前のページ 1  2
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
構成:サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(367件)

コメント

  1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. ゴールキーパーのキャッチング練習「人差し指と親指で三角形をつくる」