1. トップ
  2. 練習メニュー
  3. ゲームを好転させる!ゴールキーパーのスローイング練習

練習メニュー

2015年1月14日

ゲームを好転させる!ゴールキーパーのスローイング練習

キーワード:ゴールキーパースローイング指導練習

せっかくナイスセーブをしても、すぐに相手にボールを奪われてまた攻めこまれてしまう。

そのような状況に陥いることは多くありませんか?
 
相手のシュートをセーブしたあと、しっかり味方にボールを繋ぐこともゴールキーパーの役割です。スローイングが向上することで、ボールを受けた味方が有利な状況で次のプレーに移れるようにし、攻撃を助けることにもつながります。
 
今回、アルビレックス新潟ユースなどでキーパーへの指導経験豊富な山野陽嗣さんを講師に招き、キーパーのスローイングの練習法を解説してもらいました。
 

yamano_01.JPG

 

■練習メニュー

左右両手でのスローイングの練習を徹底して、どのような状況でも素早く対応できるようにしゲーム展開が自チームに有利に運ぶようにします。

 

 
suro_01.JPGsuro_02.JPGsuro_03.JPG
1.頭の上から両手をつかってキャッチボール
 
under_01.JPGunder_02.JPGunder_03.JPG
2.アンダースローでキャッチボール
 
side_01.JPGside_02.JPGside_03.JPG
3.サイドスローでキャッチボール
 
over_01.JPGover_02.JPGover_03.JPG
4.オーバースローでキャッチボール
 
goro_01.JPGgoro_02.JPGgoro_03.JPG
5.ゴロのアンダースローでキャッチボール
 

■ポイント

1.スローは利き手と逆の手もおこなう
2.ボールのスピードは速くなくてよい
3.各スロー8本ずつ
4.キャッチングも一回一回意識しておこなう
 

■利き手と逆の手でも投げる狙いとは

試合中に逆手で投げるケースはなかなかありませんが、練習中に左右両手でボールを扱うことで、利き手じゃない方でもボールを扱う感覚を養うことができます。利き手じゃないほうの手でボールを弾かなければいけないときなどに生きてきます。
 
 
 
スローイン練習だけじゃない!山野陽嗣さんのGK練習の動画はこちらから
h1_01.gif
COACH UNITED ACADEMY>>
 
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
ゴールキーパーのキャッチング練習~基礎編~
ゴールキーパーのキャッチング練習 ~ポジショニング編~
 
 

 

1
構成 サカイク編集部 動画提供 COACH UNITED

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(352件)

コメント

  1. トップ
  2. 練習メニュー
  3. ゲームを好転させる!ゴールキーパーのスローイング練習