1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 2007年のU-17W杯で見せた柿谷選手のファーストタッチ

練習メニュー

2007年のU-17W杯で見せた柿谷選手のファーストタッチ

2013年11月25日

キーワード:コントロールトラップ

<<少年サッカーの練習メニュー動画・記事一覧へ戻る

【練習の目的】
●ボールコントロール技術の向上
 
柿谷①.JPG柿谷②.JPG柿谷③.JPG柿谷④.JPG
【やり方】
1.ボールを受けに一旦後ろへ下がり、相手DFを引きつける
2.そのまま前に進むと見せかけて後方の右足でボールの勢いを押さえるようにトラップ
3.すぐにターンしてボールを蹴りやすいところへ運び、おちついてシュートする
 
 
 
【ポイント】
①ボールを受ける時、自陣方向へグッと踏み込むフェイクを入れることで相手DFを自陣へつらせる
②トラップするときはヒザをやわらかく、右足を引いてボールの勢いをおさえながら素早く前へターンする
 

■スーパーゴールの影に潜んだ直前の動き

柿谷選手が世間から広く注目を浴びるきっかけになったのは、2007年に行われたU-17ワールドカップのフランス戦、センターサークル付近から相手GKの頭上を越える超ロングシュートでした。ひらめき、勇気、そしてキックの技術。そして、このゴールに至る過程には、ファーストタッチの重要性も隠れています。
柿谷選手は相手ゴール側に背を向けた状態で味方のクリアボールを拾うとき、右足を引いてボールの勢いを殺しながら、ファーストタッチで素早く前へターンしています。しかもこのとき、自陣方向へグッと踏み込むフェイクを入れることで「ポストプレーか?」と相手に思わせ、自分に対するマークも外しました。このファーストタッチで余裕を作ったことで、スーパーゴールは生まれたと言えるでしょう。
 
重要なのは『次のプレーにつながるトラップ』、すなわちファーストタッチをする、という意識を強く持つことです。
 
 
【柿谷曜一朗選手のテクニック記事はコチラ】
柿谷選手の注目すべきプレー『ファーストタッチ』に迫る
柿谷選手のドリブルからわかる、上半身の姿勢の重要性
1
写真/サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(348件)

コメント

  1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 2007年のU-17W杯で見せた柿谷選手のファーストタッチ

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  5. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  6. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ