1. トップ
  2. 練習メニュー
  3. 【必見】ロングスローができるようになるコツ

練習メニュー

2012年11月 7日

【必見】ロングスローができるようになるコツ

キーワード:スローイン

<<少年サッカーの練習メニュー動画・記事一覧へ戻る
 
スローイングからダイレクトでヘディングをしてゴールを決める。
そんなプレーを目にする機会が増えています。
 
遠い距離、ボールをスローイングするロングスローはサッカーに欠かせない技術のひとつになりつつあります。
 
どうやればロングスローができるようになるのか、今回はそのコツと練習方法についてご紹介します。
 
 
【練習メニューの目的】
●スローイングの技術の向上
●コントロールの質の向上
 
【やり方】
  1. 2人で一定の距離をとって向かい合って立つ
  2. 1人がロングスローしてもう一人はキャッチもしくは手以外でコントロールする
【コツ】
  1. スローイングする人は十分な距離、そしてスピードのある助走をする
  2. 上体を反らせて、頭の後ろにボールを持っていく
  3. 軽く跳んで、まずは後ろ足を着地させ、前足を大きく踏み出す
  4. 上体の反動を利用し、手を振りぬいてボールを投げる

  ※消しゴムを定規でとばすのをイメージ。身体のしなりを利用してボールをとばすように心がけると、遠くまでとばしやすい。

【筋トレ】

ロングスローに聞く筋トレはメディシンボールを活用。重めのメディシンボールでスローイングをすることでロングスローに必要な体幹、上半身の筋肉をつけることができます。

【スローインの練習メニュー】
スローインの姿勢
ボールの持ち方
 
【あると便利な道具】
マーカーコーン、メディシンボール
 
 

 

■トレーニングに便利なオススメグッズを紹介!(※画像をクリック)

ミニコーンマーカーコーンフラットマーカーサッカーゴールVIGOミニゴールFUNGスピードラダーミニハードルスピードリングトレーニングポールバランスボードアジリティクロスビブス小さいボールリアクションボール壁打ちリバウンダー作戦ボード
 
★サカイクがオススメするトレーニング用品の格安ショップ『Fungoal』

 
スローインに関する記事・練習メニューを読む>>
 
■監修:
nishimuta_220.jpg
西牟田 真也コーチ//
考える力が身につくサッカースクール「シンキングサッカースクール」の吉祥寺校、阿佐ヶ谷校でコーチを務める。日本サッカー協会公認C級コーチ。
 
<<少年サッカーの練習メニュー動画・記事一覧へ戻る
1
写真/サカイク編集部 撮影協力/フットサルパーク吉祥寺

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(348件)

コメント

  1. トップ
  2. 練習メニュー
  3. 【必見】ロングスローができるようになるコツ