1. サカイク
  2. トピックス
  3. ブラインドサッカー協会が国際親善試合を実施

トピックス

ブラインドサッカー協会が国際親善試合を実施

2014年3月13日

キーワード:ブラインドサッカー

日本ブラインドサッカー協会とさいたま市が、全盲クラスのブラインドサッカーで、昨年の欧州選手権4位のドイツ代表を招き、21日に「さいたま市 ノーマライゼーションカップ 2014」で日本代表と国際親善試合を行う。
 
<<開催概要>>
 
■大会名
さいたま市 ノーマライゼーションカップ ブラインドサッカー国際親善試合
 
■日程
2014年3月21日(金・祝)  ※小雨決行 荒天の場合は中止
13:30 日本代表 対 ドイツ代表 (25分ハーフ)
 
■会場
フットメッセ大宮 (イオン大宮 立体駐車場屋上フロア)
〒331-00825 埼玉県さいたま市北区櫛引町2-574-1
(JR日進駅 または 埼玉新都市交通シャトル鉄道博物館(大成)駅 徒歩10分)
 
■併催イベント
10:30-12:00 大宮アルディージャサッカー教室(事前申込制)、
12:10-12:30 「球舞(キューブ)」パフォーマンス
13:00-16:00 体験コーナー(ブラインドサッカー体験/キックターゲットなど)
イオン店舗内にて 盲導犬体験、ノーマライゼーション啓発などのブース
 
■大会特設サイト:http://normalizationcup.b-soccer.jp/
 
■主催:さいたま市/日本ブラインドサッカー協会
■協賛:株式会社フロムワン
■後援:厚生労働省/観光庁/埼玉県
公益財団法人日本障害者スポーツ協会日本パラリンピック委員会
一般社団法人埼玉県障害者スポーツ協会/ドイツ連邦共和国大使館
■パートナー:アクサ生命保険株式会社/ブラックロック・ジャパン株式会社/フィアット
アクサ損害保険株式会社/アクサダイレクト生命保険株式会社/株式会社アイデム
株式会社日立コンサルティング/ロート製薬株式会社
スタンダードチャータード銀行/三三株式会社/トーヨーエキスプレス株式会社
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7314件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. ブラインドサッカー協会が国際親善試合を実施

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  5. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  6. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ