1. サカイク
  2. 連載
  3. [いつでも、だれでも、ずっとサッカーを楽しむために]JFAグラスルーツ推進
  4. 社会の中に居場所を作る媒介に。世界でも珍しい複数の障がい者サッカーチームを持つクラブの代表が語る今後の展望

[いつでも、だれでも、ずっとサッカーを楽しむために]JFAグラスルーツ推進

社会の中に居場所を作る媒介に。世界でも珍しい複数の障がい者サッカーチームを持つクラブの代表が語る今後の展望

公開:2019年11月14日

キーワード:A-pfeile広島JFAグラスルーツ推進アフィーレ広島アンプティサッカーブラインドサッカー広島県インクルーシブフットボール連盟障がい者サッカー電動車椅子サッカー

日本サッカー協会(JFA)技術部の松田薫二グラスルーツ推進グループ長が、あなたの街のサッカーチームを訪ね歩く、この連載。

今回訪れたのは広島県です。障がい者サッカーのクラブ『A-pfeile(アフィーレ)広島』創設者であり、広島県インクルーシブフットボール連盟の会長を務める坂光徹彦さんとの対談後編では、障がい者サッカークラブを運営するにあたって大変なことや、今後の展望などについてうかがいました。
(取材・文・写真:鈴木智之)

<<前編:選手だけでなく家族も笑顔にする力がある。私が東大病院をやめて地元にクラブを作った理由

grassroots_apfeile2_01.JPG
写真はサカイクキャンプ

<グラスルーツ推進6つのテーマ>
jfa_grassroots_newtheme.jpg

■どんな人でも受け入れてサッカーができる環境を作りたい

松田:今はアンプティサッカー、ブラインドサッカー、電動車椅子のチームをお持ちですが、将来的には他の4つのカテゴリー(脳性麻痺/CP、精神障がい/ソーシャルフットボール、知的障がい、聴覚障がい/ろう者サッカー/デフ)のチームも作りたいとお考えなのですね。

坂光:そうなんです。今は3つのカテゴリーですが、どこに話をしに行く時も他種目のチームも作りたいと言っています。

松田:障がい者サッカーの総合型クラブですね。障がい者サッカーの全種目を網羅するクラブは、世界中を探してもないと思います。そんな発想を持つ人に、出会ったことがありません。本当にすごいと思います。坂光さんは広島県に『一般社団法人広島県インクルーシブフットボール連盟(HIFF)』を設立されましたよね。

坂光:アフィーレができるまでは、広島にあった障がい者サッカーチームは電動車椅子サッカーと知的障がい者サッカーだけでした。サッカーをやりたい人がいても、どこに相談すればいいかがわからない。そうしているうちに機会を逃してしまいます。連盟があれば連絡しやすいですし、どんな人でも受け入れて、サッカーができる環境を作りたいという想いからスタートしました。

松田:障がい者サッカークラブを運営していく上での苦労は、どのようなものがありますか?

坂光:一番はプレイヤーの少なさですね。学生さんも含めて、アフィーレに関わりたいと言ってくれるスタッフは増えていて、認知はされてきているとは思うのですが......。

grassroots_apfeile2_02.JPG
スポーツを通じて仲間ができたり、楽しめたりというのは、年齢や障がいの有無は関係ないのです

 

■スポーツを楽しむのに年齢や障がいの有無は関係ない

松田:選手の皆さんは、どういうプロセスを経て、障がいを負った中でサッカーをやり始めるのでしょうか?

坂光:人それぞれですが、ある選手は交通事故にあって片脚が不自由になり、回復後に就職をしたのですが、障がい者という扱いをされたこと、健常者から障がい者になる自分を受け入れられず、うつ病になってしまいました。外出するのは病院に行く時だけという生活が続いてところ、アフィーレができたことを知り、選手の奥さんから「うちの夫でもできますか?」と問い合わせをもらって、チームに入ったという人もいます。ほかには、元々サッカーをしていた人が足を切断することになり、もうサッカーはできないと思っていたけど、アンプティサッカーの存在を知り、入ってきた人もいます。

松田:後天的な事故や怪我、病気が原因で障がい者になると、世間の枠から外れたと思ってしまう人が多いんですね。

坂光:はい。それで、家族や周りから情報を得て、障がい者サッカーの存在を知り、やってみようという人が多いですね。アフィーレの選手にアンケートを取った時に、友人や家族に誘われて、クラブに入ったという人がもっとも多かったんです。本来なら、医療者やクラブの方から声をかけて、興味を持ってもらうことができればと思っています。

松田:私は日本障がい者サッカー連盟の専務理事もしていますが、障がいのある方にもスポーツを身近に感じてもらえたらと思っています。スポーツを通じて仲間ができたり、楽しめたりというのは、年齢や障がいの有無は関係ありませんよね。

坂光:そう思います。かつて、アフィーレに上肢切断の人が体験に来ました。そこで、「うちで一緒にやらない?」と声をかけたら「僕がここに登録して、選手として活動するということは、自分が障がい者だと認めることになってしまう」という理由で断られました。それを聞いた時に衝撃を受けたんです。そもそも「障がい者スポーツ」というカテゴリーにするのが良くなくて、様々な種類のサッカーがあるという形にしなければいけない。障がいのある人ががんばってサッカーをしているのではなく、みなさんと同じように働いて、余暇でスポーツをやっている。そうなるのが理想です。

 

■垣根を超える? 元々ない壁を作っているのは......

松田:障がい者だから違う、障がい者だから特別という見方がなくなると良いですよね。障がい者イコールかわいそうというステレオタイプな見方ではなく、スポーツをしている障がい者の中には、すごい努力をしている人もたくさんいます。アンプティサッカーもすごくハードですし、その競技をしているだけでも、人として尊敬できます。偏見やスティグマが取り払われないと、共生する社会にはなっていきません。だからこそスポーツのような、誰しも身近にあるものを通じて、触れ合って行くことが大切なのだと思います。

坂光:障がい者について語るときによく使う「垣根を越える」という言葉があるのですが、そもそも垣根を作ったのは、健常者、障がい者の双方ですよね。もともとない壁を作って、乗り越えよう、共生しようと言うのは、ちょっと違うと思うんです。そもそもが、同じ人間なのですから。

松田:健常者、障がい者と分けることによって、壁が作られてしまっているじゃないかと思うんです。スポーツは、どんな人でも社会と繋がるための大きなきっかけになると思います。

坂光:あるアンプティサッカーの選手は、「スポーツは社会復帰のための最大のリハビリテーションである」と言っていました。家と学校や会社だけでなく、スポーツというもうひとつの場所があると、生活が豊かになります。それは健常者も障がい者も同じです。スポーツがきっかけとなって3つ目の居場所ができるのであれば、アフィーレを通じて実現するのが、僕らの役割だと思っています。

松田:たとえば特別支援学校では、家と学校をバスで往復する生活になりがちなので、社会と関わる機会が少なくなります。その状態のまま学校を卒業することになると、社会に出ていくことが難しくなります。いわゆる健常者も障がい者と接する機会が少ないのでどうしていいか分からない。結局、障がい者への偏見はいつまでたっても消えていかないのだと思います。

坂光:そうですね。

 

■スポーツや遊びは社会の中に居場所を作る媒介になる

松田:社会の中に居場所を作ることが大切で、スポーツや遊びはそのための媒介になるのではないかと思います。互いを理解するために、一緒に遊んだり、スポーツをするのはとても有効です。アフィーレさんは、今後どのような展開をイメージされていますか?

坂光:広島にはデフ(聴覚障がい/ろう者サッカー)CP(脳性麻痺)のクラブがないので、この2種目に関しては作りたいと思っています。そして今後は7つに限らず、様々な種類の障がい者がサッカーを楽しめるクラブにしていきたいと思っています。

松田:アフィーレさんから、第4、第5のチームができるのを期待しています。本日はありがとうございました。

坂光:ありがとうございました。


あなたの身近にいるサッカー少年のために!JFAグラスルーツ推進・賛同パートナー制度に登録しよう!

partner_img_00_s.jpg

すぐに!だれでも!簡単に!パートナー制度申請フォームはこちら>>

■グラスルーツ推進・賛同パートナー制度ってなに?
この制度の目的はJFAが掲げる『JFAグラスルーツ宣言』に賛同し、共に行動していただける団体と仲間になることで、グラスルーツサッカーの環境改善を推進することです。本制度の賛同パートナーになってもらい、その活動の理念や内容が好事例として日本全国に広く伝わり、JFAと同様の考え方で進められている活動であるという理解が深まることを期待しています。また、さまざまな好事例を多くの方々と共有することで、全国により良い環境が広がるきっかけになればと思っています。ぜひ賛同パートナーとなり、グラスルーツサッカーの環境改善にご協力下さい。
■グラスルーツ推進・賛同パートナー制度に申請する2つのメリット
1.あなたの団体・チームの宣言・活動内容等がJFA.jpに掲載されます。
2.チームの取材をさせていただくことがあるかもしれません。
■6つのテーマ
jfa_grassroots_newtheme.jpg

■こんな活動をしていると認定してくれる
ずっとEnjoy♬ 引退なし 事例、賛同団体>>
みんなPlay! 補欠ゼロ 事例、賛同団体>>
だれでもJoin♪ 障がい者サッカー 事例、賛同団体>>
だれでもJoin♪ 女子サッカー 事例、賛同団体>>
どこにもHome♫ 施設の確保 事例、賛同団体>>
社会をSupport! 社会課題への取り組み 事例、賛同団体>>

すぐに!だれでも!簡単に!パートナー制度申請フォームはこちら>>
1
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
取材・文・写真:鈴木智之

関連記事

関連記事一覧へ

[いつでも、だれでも、ずっとサッカーを楽しむために]JFAグラスルーツ推進コンテンツ一覧へ(6件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. [いつでも、だれでも、ずっとサッカーを楽しむために]JFAグラスルーツ推進
  4. 社会の中に居場所を作る媒介に。世界でも珍しい複数の障がい者サッカーチームを持つクラブの代表が語る今後の展望