1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 目が不自由だから伝えられるおもいやり!子どもたちの成長に大切なものとは何か?

こころ

目が不自由だから伝えられるおもいやり!子どもたちの成長に大切なものとは何か?

2016年2月 3日

キーワード:コミュニケーションブラインドサッカー

前回、『音』と『声』のコミュニケーションの重要性を教えてくれた弱視クラスのブラインドサッカー日本代表・秋葉茂選手。第二弾では、目が不自由だから伝えられるおもいやりの心とチャレンジの大切さについてご紹介します。(取材・文 木之下潤)
 
burasaka03_s.jpg
 
<<前回記事:子どもにとって重要なのは"百聞は一見にしかず"!見えない世界で学べる6つのこと
 

■生徒だけでなく、先生にもたくさんの学びがある

秋葉選手は目が不自由なことでの失敗談やブラインドサッカーで負傷した話などネガティブなことも含め、たくさんのことを話していました。特に『スポ育』という体験教室の中で、こんな声を発していました。
 
「失敗しても大丈夫。次、チャンスがあるから」
「ゆっくりでいいよ。そのとき、まわりの人が教えてあげてね」
 
たとえば、体験教室の最後に行うコーン当て競争での1シーン。アイマスクをした生徒が3m先に置いてあるコーンにボールを当てるゲームを、4チームにわかれて競争している最中に、あるチームでこんなやりとりがありました。
 
蹴る人  「方向は合ってる?」
生徒A  「コーンはここ」
生徒B  「ここじゃ、わからないよ。手を叩いて」
生徒C  「体をもう一歩だけ右に」
生徒D  「早く、早く」
蹴る人  (蹴ったけど、ハズレる)
生徒E  「あー、外れた」
生徒B  「早く、次の人に替わろう」
生徒D  「そうだよ、交代を早くしたらキックのチャンスが増えるよ」
生徒A  「具体的に右に何cm動くって言わんとわからないね」
生徒C  「蹴る人のペースに合わせてあげないと焦っちゃうよ」
 
ゲーム形式の競争になると、コミュニケーションがより活発化します。それは勝利を目指し、生徒たちも思ったことを意見し合うからです。時間制限内に何度コーンに当てられるかを競うため、さまざまなことが必要になります。
 
まずは情報提供です。蹴る人はアイマスクをしているため、具体的な指示が重要です。さらに指示は蹴る側に合わせなければなりません。いっせいに言葉をかけられても混乱するから。また、蹴る人に対して「早く」などのネガティブな言葉をかけても成功につながりません。落ち着いて蹴られるように環境を整えてあげるのも周囲の務め。ほかにも、時間制限内でたくさんボールを蹴ったほうが得点につながるため、蹴る人が素早く交代することはチャンスを増やすことになります。
 
秋葉選手は成功につながり、勝てるような言葉掛けをしていました。これらは先生にとってもたくさんの気づきになったようです。ある先生はこんなことを語ってくれました。
 
「○○くんが大きな声で教えていることに驚きました」
「生徒が外部の方と接する姿を初めて見たので新鮮でした」
「問いかけるように話すと、子どもも考えるものですね」
 
先生側の気づきについては、徳長邦彦校長も次のように言っています。
 
「外部講師を頼むことは、先生にとっても学びにつながります。コミュニケーションの取り方、声のかけ方やタイミング、子どもたちの表情の変化など。担任としてクラスの生徒と毎日接していますから時間とともに発見も減っていきます。だから、外部講師とのふれ合いを外側から見学することは新鮮だと思います。インパクトが大きいですからね」
 
次ページ:思いやりとチャレンジが将来の役に立つ

ブラインドサッカーHPはこちら>>
スポ育はこちら>>
 
参加者の85%が、考える力が身についたと回答!サカイク春キャンプ参加者募集中>>
サカイク2016春300×250.jpg
 
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

 
1  2
取材・文 木之下潤

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

こころコンテンツ一覧へ(180件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 目が不自由だから伝えられるおもいやり!子どもたちの成長に大切なものとは何か?

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強くて速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ