1. サカイク
  2. 連載
  3. あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]
  4. 説明しても理解できず味方とかみ合わない子。ポジションの役割や動きを教えるには?

あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]

説明しても理解できず味方とかみ合わない子。ポジションの役割や動きを教えるには?

公開:2018年9月28日 更新:2019年2月26日

キーワード:コーチング小学生指導池上正理解認知力高学年

■有名強豪校出身の子の方が「扱いづらい」理由

ikegami_column38_01.JPG
※写真は過去のサカイクキャンプのトレーニング写真です。 質問者及び質問内容とは関係ありません

高校生になると、動きがは非常にシステマティックになってきます。コーチから動き方を教えられているチームが多いです。

よって、大学の監督さんは「有名な強豪校の子のほうが扱いづらい」と話します。要するに、教えられた動きしかしない。あそこに来たら、あのポジションの選手がいく、という先入観が植え付けられているからです。

そこを顧みると、日本のサッカーは実はスムーズに育っていないのではないかと感じます。小学生で気づくことの重要性を教えられていません。だから、中高でシステマティックな動きになってしまいます。

ドリブルが得意な子はドリブルばかりします。「中学はそれだけじゃ通用しないよ」と言ってもらえれば変わるのかもしれませんが、なかなかうまくいきません。そのため、高校でまた同じことを教えなくてはなりません。

それぞれのカテゴリーで身につけるべき大事なことを飛ばしているがゆえに、成長が偏ってしまうのです。

ドイツでは、小学生の時点で、みんながかかわって攻撃。みんながかかわって相手のボールを取りにいきます。それが当たり前に行われています。

サッカーをよく知っている子がそのまま大きくなるので、各々で適切な時期に技術とか、スピード、戦術眼などを鍛えればいいわけです。

それなのに、日本は個人技術を先に鍛えようとします。それゆえに、サッカーというスポーツを知らないで育ってしまいます。サッカーで大事な「数的優位」という言葉を、高校生くらいからしか使っていません。

そういったことをぜひ理解して、「気づける子」を育ててください。

ikegami_profile.jpg

池上 正(いけがみ・ただし)
「NPO法人I.K.O市原アカデミー」代表。
大阪体育大学卒業後、大阪YMCAでサッカーを中心に幼児や小学生を指導。2002年、ジェフユナイテッド市原・千葉に育成普及部コーチとして加入。幼稚園、小学校などを巡回指導する「サッカーおとどけ隊」隊長として、千葉市・市原市を中心に年間190か所で延べ40万人の子どもたちを指導した。
12年より16年シーズンまで、京都サンガF.C.で育成・普及部部長などを歴任。京都府内でも出前授業「つながり隊」を行い10万人を指導。ベストセラー『サッカーで子どもがぐんぐん伸びる11の魔法』(小学館)、『サッカーで子どもの力をひきだす池上さんのことば辞典』(監修/カンゼン)、『伸ばしたいなら離れなさい サッカーで考える子どもに育てる11の魔法』など多くの著書がある。

前のページ 1  2

【PR】3月31日~4月1日:池上正コーチによる"サッカーの楽しさを思い出す!"サッカーキャンプを開催!
ikegamicamp_sp_v3.jpg

コーチからの質問に池上正さんがお答えします(チームの指導の悩み、例:年代がバラバラなチームの練習メニューなど)※記事になります

※質問の文言を記事にさせていただくことがあります。その際はプライバシーには配慮します。

あなたが指導している【チーム】の年代を教えてください必須

最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
文:島沢優子

関連記事

関連記事一覧へ

あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]コンテンツ一覧へ(75件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]
  4. 説明しても理解できず味方とかみ合わない子。ポジションの役割や動きを教えるには?