1. トップ
  2. 連載
  3. 浅井教授(筑波大学)のキック講座
  4. 誰もが一度は蹴ってみたい「無回転ブレ球」を徹底解剖!

浅井教授(筑波大学)のキック講座

2012年4月11日

誰もが一度は蹴ってみたい「無回転ブレ球」を徹底解剖!

キーワード:シュートトレーニングパスフリーキック練習

【正面・斜めからのアングル】
 
27_F_01.jpg
 
27_F_02.jpg
 
27_F_03.jpg
 
27_F_04.jpg
 
◎このキックの名手
 
C・ロナウド(ポルトガル)
ジュニーニョ・P(ブラジル)
本田圭佑(日本)
 
 
◎このキックの要素と特徴
para_27.jpg
 
 
◎このキックを使用する状況
 
「ゴール中央付近のフリーキックで狙う」
流れの中でシュートとして放たれる場合もあるが、基本的にはボールをセットしたフリーキックで使われる。とくにゴール中央付近からのキックは絶大な威力を発揮する。正面に向かうと見えたボールが不規則に揺れながら、GKを無視して決まるシーンは圧巻だ。
 
coat_27.jpg
 
 
◎キック博士 浅井武のワンポイント解説
 
「通常のキックより接触時間を長くする」
ブレ球のインパクトは力学的には「並進運動」と呼ぶもの。足首を立てて硬くした足先の重心をぶらさず、地面と平行にしばらく押し出す動きが必要です。ボールとの接触時間を長くするイメージを持ちましょう。
 
過去にサカイクで紹介した浅井教授の「無回転シュート講座」はコチラ>>
 
 
<< PREV | 記事一覧 | NEXT >>
 
 
ASAI02.jpg
浅井 武//
(あさい・たけし)
筑波大学大学院人間総合科学研究科教授。工学博士。研究分野はスポーツバイオメカニクス、スポーツ工学。日本人スポーツ研究者としては、はじめて国際物理科学雑誌『Physics World』に論文が掲載。モーションアナリストとして、また名門・筑波大サッカー部の総監督として多方面で活躍するキック研究の第一人者。
 
 

■基本のキックから「曲がる」「落ちる」「揺れる」まで科学的に分析

浅井氏監修による、多種多様なキックの蹴り方を学ぶ実用書。キックの基本とされるインサイド&アウトサイド、インステップ、インフロント&アウトフロントキックはもちろん、ラボーナやオーバーへッドキックといった変則的キックから、無回転ブレ球、カーブボールなどの変化球まで、サッカーのありとあらゆるキックを物理学的視点&プレーヤー的視点の両面から詳細に分析。小学生が新しくキックを学ぶためにも、また一般のプレーヤーが自分の技術を再点検するためにも使える実用書。

前のページ 1  2
文/北健一郎

関連するコラム記事

コラム記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

浅井教授(筑波大学)のキック講座コンテンツ一覧へ(5件)

コメント

  1. トップ
  2. 連載
  3. 浅井教授(筑波大学)のキック講座
  4. 誰もが一度は蹴ってみたい「無回転ブレ球」を徹底解剖!