1. サカイク
  2. 連載
  3. 子どもが喜ぶ簡単マッサージケア
  4. ふくらはぎは第二の心臓。1日数分の「膝下マッサージ」がスポーツにもたらす驚きの効果とは?

子どもが喜ぶ簡単マッサージケア

ふくらはぎは第二の心臓。1日数分の「膝下マッサージ」がスポーツにもたらす驚きの効果とは?

公開:2021年6月15日 更新:2021年6月23日

キーワード:コンディショニングパパママトレーナーマッサージ

「スポーツをがんばるわが子のために、なにかしてあげたい」。そんな想いを行動にするとしたら、1日数分でできる「膝下のマッサージ」がおすすめです。その理由や、1日数分でできるマッサージ方法を、アスリートアロマトレーナーでありパパママトレーナーの小林知子さんに伺いました。(取材・文:小林博子)

aroma_00.jpg

■ここだけでもOK!「ふくらはぎと足」をケアしてあげよう

「サッカーなどのスポーツをする子どもはもちろん、成長期のすべての子どもの身体は、大人が思うよりずっとお疲れ気味。中でも疲れが出やすい部位はふくらはぎです。マッサージをするとしたら、まずはふくらはぎから。それだけでも効果抜群です」

そうお話してくれた小林知子さんは、アロマセラピストとして長年のキャリアを持ち、子ども(大学・高校・中学生の3兄弟の母で、3人とも野球をしているそうです!)の怪我をきっかけにパパママトレーナーインストラクターの資格を取得し、全国各地で開催されている「パパママトレーナー講座(※)」で講師を務めています。

そんな小林さんが、コンディショニングのプロかつ等身大の母の目線から、「ふくらはぎケア」の大切さを語ってくれました。

パパママトレーナー講座とは、一般社団法人キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会が展開。コンディショニングの知識や、親が子どものために行うマッサージ法などについて学ぶ。

aroma_01.jpg

■「ふくらはぎケア」が重要かつ効果的な理由は?

ふくらはぎは「第2の心臓」と言われるように、全身に血を巡らせるためのポンプ機能を果たす部位です。その機能を発揮するために大切なのは、ふくらはぎの筋肉の柔軟性。ここが凝り固まってしまうと、心臓から送られてきた血液をうまく戻せず、「血流が悪い」という状態になってしまいます。

ふくらはぎの血流が悪いことで、疲労による老廃物が蓄積され、疲れが抜けにくい状態を引き起こします。結果的にふくらはぎにだるさや重さを感じるようになります。

そこで有効なのがマッサージ。凝り固まった筋肉が柔らかくなり、ポンプ機能がしっかり働き、血流が促進されます。

冷えやむくみというと大人だけが悩む症状と考えがちですが、子どもの足にも起こり得ます。ふくらはぎの疲れや張りは、サッカーなどの激しいスポーツをしている子どもはもちろんのこと、ダンスや武道など同じ姿勢をキープすることが多いスポーツでも実はありがちです。

さらに、成長期は骨の成長が早く、その成長に合わせて筋肉が伸ばされている状態。そのため、成長期の子どもの筋肉は常に筋肉が張っていると言っても過言ではありません。


■ふくらはぎが硬いかどうかを見分けるコツ

とはいえ、子どものふくらはぎが「硬い」ってどういうこと?と、イメージを掴みにくいという方もいるはず。

判断の目安としては、手のひらでふくらはぎを垂直に押してみて弾力があるかどうか。ふわっと軽いつきたてのお餅のような状態がベストなのだとか。弾力がなければ張っていたり、固まっていたりのサインです。

aroma_02.jpg

「最初はわかりにくいかもしれませんが、触り続けることでその違いが明確に分かるようになり、子どものコンディションを把握しやすくなるメリットもあります」(小林知子さん)

小林さんは、なでしこジャパンの川澄選手にアスリートアロマトリートメントの施術をしたことも。川澄選手の身体は日頃からしっかり筋肉などのボディケアをされていることがよくわかるとてもよい状態だったそうです。そんな川澄選手の筋肉は、柔らかく弾力性があり、まさに「もちもち」。日々のケアで理想的なコンディションをキープしています。

■マッサージ時に大切なもう1つのこと

日々のマッサージが効果的であることに加え、そのマッサージをさらに意味のあるものにするためには、もう1つだけ実践してほしいことがあります。

「パパママトレーナー講座では、マッサージ時には、手のすべりを良くするマッサージ用のオイルやローションを使うようにお伝えしています。何も付けずにマッサージすると手の滑りが悪くかえって筋肉や皮膚を痛めてしまう可能性もあるからです。

また、精油入りのオイルやローションを使うと、手の滑りが良くなりマッサージしやすくなるだけでなく、される側の心地よさも各段に上がります。さらにアロマセラピー効果も得られおすすめです。

aroma_03.jpg

パパママトレーナー講座では、専用のマッサージローション「アロマボディローション」も販売しています。子どもの身体をマッサージすることに特化して開発したこだわりの1品です!

ジュニアスポーツ専用「アロマボディローション」の詳細はこちら>>
(※テキスト&動画付き)


■親子でトライ!今すぐできる簡単マッサージ

では、具体的にどのようなマッサージが効果的なのでしょう?

今晩からできるマッサージを2つご紹介します。どちらも片足30秒で終わるうえ、とっても簡単です。どちらも子どもはうつぶせで寝た状態で行います。マッサージはお風呂上りや寝る前などのリラックスタイムがおすすめです。


【1:ふくらはぎマッサージ】
①アロマボディローションを100円玉くらい手のひらに出し、両手で伸ばす。

aroma_04.jpg

②ふくらはぎのかかとから膝下まで、両手の手のひら全体を使って5~6回「スーッ」とさすり上げる。
※力を入れたり体重をかけず優しくやることがポイント

aroma_05.jpg

③反対側のふくらはぎも同様に行う。


【2:足裏マッサージ】
①アロマボディローションを100円玉くらい手のひらに出し、子どもの足の裏に塗る。

②左手で足を持ち、右手の親指のはらをかかとにあて、(足の)親指の付け根まで1本線を描くようにさする(※右利きの場合)。

aroma_06.jpg

③もう1度かかとに親指を移動させ、指が通る位置を少しずつずらしながら足裏全体に線を描くようにマッサージする。4~5往復程度が目安。

④反対側の足裏も②と③を同様に行う。


■たった1分のマッサージでも血流改善!

ご紹介したマッサージを行ったあとは、皮膚の色に血色が生まれ、足の表面がトーンアップするので、ご確認ください。これは血流が良くなった証拠。血液のポンプ機能が高まり、疲れや冷えの改善にもつながります。左右の足どちらかだけを行い、違いを比べてみてください。

そして、こんなに短時間の簡単なマッサージでも、子どもはきっと気持ちいいと感じてくれることでしょう。アロマボディローションを使えば、心地よくリラックスできる効果も。マッサージする側のママやパパも、香りの効果に癒されるはずです。子どもとの夜時間に、いいことづくめなマッサージをぜひ取り入れてみてください。

ジュニアスポーツ専用「アロマボディローション」の詳細はこちら>>
(※テキスト&動画付き)

1

パパママトレーナー講座で使われる専用ローションを販売中!
詳しくはこちらから>>

pmlotion600x500-01.jpg

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
取材・文:小林博子

募集中サカイクイベント

サカイクイベント一覧

関連記事

関連記事一覧へ

子どもが喜ぶ簡単マッサージケアコンテンツ一覧へ(1件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 子どもが喜ぶ簡単マッサージケア
  4. ふくらはぎは第二の心臓。1日数分の「膝下マッサージ」がスポーツにもたらす驚きの効果とは?