1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 「書く」ことが認知能力を高める! 小学生年代はサッカーノートを手書きした方が良い理由

考える力

「書く」ことが認知能力を高める! 小学生年代はサッカーノートを手書きした方が良い理由

公開:2024年1月18日

キーワード:サッカーノート京都大学手書き文章作成能力書いて覚える認知能力

デジタルツールが当たり前になった現代の子どもたち。学校では1人1台タブレットが貸し出されるようになり、少しずつ手書きの機会が減っています。サッカーノートにも、デジタル化の波が押し寄せてくる日が近いかもしれません。

そこで今回は、手書きvsデジタルにおいて、子どもに与える影響の違いを京都大学医学部附属病院精神科神経科の特定助教で人間健康科学の博士でもある大塚貞男先生に伺いました。
(取材・文 小林博子)

 

手書き1.jpg
写真はサカイクキャンプでサカイクサッカーノートを書く選手たち

 

子どもたちも成長を実感!
サッカーが上達するサッカーノート>>

 

■サッカーノートは手書きがいい? それともデジタル?

サッカーノートを書くことは、思いや考えを言語化しながら整理し、課題を明確にするなどのメリットが多数あります。サッカーノートを導入しているチームは多く、日々の練習の記録や目的、改善案などを書くことには一定の意味があることはすでにご存知だという方が多いはずです。

そんなサッカーノート、今の主流はまさに手書きの「ノート」ですが、タブレットやスマホで入力できるものや、スマホアプリも登場し始めているのが現状です。チームによってはそういったデジタルツールをすでに導入しているところもあるのでは?

今後はどちらがいいのか悩ましいところですね。

大塚先生は、「漢検」でおなじみの日本漢字能力検定協会の協力を得て、京都大学大学院にて読み書き能力の研究を行っています。お話を伺うと「手で書く」ことは認知・学習面の成長には影響すると思う、と語ってくれました。

まずは気になるその理由について詳しく解説します。

 

■書くことは脳の広い範囲を使う

スマホやPCを日々扱っている私たち親世代も常々感じているであろうことの1つに、「漢字が書けなくなった」ということはありませんか。読むことは問題ないものの、いざ書こうとすると漢字が思い出せない......。きっと共感してくれる方は多いはずです。

ほとんどの人にとっては、漢字を鉛筆で紙に書けるようになるには、手で書いて覚えなくてはなりません。また、「書かないと忘れてしまって書けなくなる」のも前述のように実体験から痛感できます。そんなことから、私たち日本人にとって漢字は「普段から書いているか(手書きしているか)」を測るバロメーターになり、大塚先生はそこに着目して研究をしています。

脳で処理される「漢字能力」を分解すると

1.読字(漢字を正しく読める)
2.書字(漢字を正しく書ける)
3.意味理解(漢字や熟語の意味が正しくわかる)

の3つになり、それぞれ使う脳の部位が違うのだとか。


1の「読む」を経て、3の「意味理解」をしながら2の「書く」までを行うことで、「読む」だけに比べて使う脳の部位が移っていきます。脳は筋肉と同じで使って鍛えるところ。インプットとアウトプットを経て使う部位が広範囲におよび、側頭葉から前頭葉へなど、部位をまたがって情報を伝達することが脳のトレーニングにもなるそう。

文字の識別については、デジタルより手書き文字の識別の方が難しく、デジタルの同じフォントばかり見ていると、フォントが違うだけで同じ文字だと認識しにくくなるようです。そのため、色々なフォントを見たり使ったりすることが推奨されています。

 

サッカーする子どもを伸ばす親の心得
「サカイク10か条」とは

 

■人は「運動を伴った方が物事を記憶しやすい」という性質も持つ

また、手書きのメリットは「手と指を動かすこと」にもあると大塚先生は言います。それだけを聞くと「デジタルデバイスに入力する時も手と指を使うのでは?」と思いがちですが、入力は手書きに比べると筋肉をあまり使わずにできるもの。予測変換機能もあることで、記憶を呼び起こしたり考えたりする範囲も少なく「ラク」かつ時短であることは明確です。

また、人は「運動を伴った方が物事を記憶しやすい」という性質も持っているため、手指を動かして書いた方が記憶に残りやすいという特徴もあります。

 

■手書きしている→文章作成能力が高まる→言語による認知機能の発達に

大塚先生たちの研究チームが以下の結果を示したのは、大学生(大学院生を含む)30名を対象にした研究です。

その結果は、漢字を手書きで書けるほど、知識の習得量が多く、文章作成能力が高いというものでした。

一方で、中高生719名のデータを解析した研究でも、漢字を手書きで書ける子どもほど、文章作成能力が高いことが示されました。

つまり、書くことで「認知能力」が養われ、言葉を使ったコミュニケーション力が発達するというわけです。

 

■デジタル入力にもメリットがある、双方を活用しよう

手書き2.jpg
写真は少年サッカーのイメージ

 

手書きのさまざまなメリットをご紹介しましたが、大塚先生はデジタル入力を否定しているわけではありません。比較的短い時間で簡単に一定の言葉を綴ることができるのはデジタルのメリットですし、子どもたちが将来デジタルツールを使いこなすことはリテラシーとして必須事項。

双方のメリットをそれぞれ活用することが好ましいようです。

ここまでをふまえ、サッカー少年少女を育てる親御さんがやはり気になるのは、サッカーノートは手書きのほうがいいのか? ということだと思います。

それについては次回の記事でご紹介します。

 

大塚貞男
京都大学大学院医学研究科・医学部 特定助教/博士(人間健康科学)
公認心理師、臨床心理士。精神科病院や総合病院、公的機関などでの心理職としての勤務を経て、京都大学大学院にて人間健康科学の博士号を取得。その後、同大学にて教鞭をとりながら、漢字の手書きの意義についてなど数多くの研究を行っている

 

サッカーする子どもを伸ばす親の心得
「サカイク10か条」とは

1

子どもたちも成長を実感!
サッカーが上達するサッカーノート

sakaikunote.png

こちらもおすすめ

サッカー少年少女にもある「10歳の壁」。伸びない子は親を見ればわかる!?/花まる学習会代表・高濱正伸
サッカー少年少女にもある「10歳の壁」。伸びない子は親を見ればわかる!?/花...
2018年4月19日
「子どものころにスポーツをやることは、将来に役立つ!」サッカーに打ち込むわが子を持つ親にとって、とってもうれしい話をしてくれる花まる学習会の高濱正伸代表の連載の後編は、スポーツで身...続きを読む

サカイク公式LINE
\\友だち募集中//

子どもを伸ばす親の心得を配信中!
大事な情報を見逃さずにチェック!

友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
取材・文 小林博子

募集中サカイクイベント

サカイクイベント一覧

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(446件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 「書く」ことが認知能力を高める! 小学生年代はサッカーノートを手書きした方が良い理由