1. トップ
  2. コラム
  3. 考える力
  4. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?

考える力

2017年10月10日

"今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?

キーワード:つくばFC人財育成勉強文武両道

前回は、つくばFCのクラブづくりを例に挙げながら、「子どもがサッカーばかにならないために親が意識したいこと」を考えていきました。そして、子どもを持つお父さんやお母さんは、子どもの将来のことを第一に考えたクラブを選ぶべきではないか、と伝えました。
 
その続編となる今回は、育成年代でつくばFCに通い、大人になってから指導者としてクラブに戻ってきた2人の指導者の話を聞く中で、「子どもが『サッカーばか』にならないために」ということをもう一度、考えたいと思います。
 
そもそも、「サッカーばか」とは、ネガティブなものなのでしょうか。2人の育成哲学に触れるうちに、改めて大切なことに気づかされました。(取材・写真・文:本田好伸)
 
tsukuba_MORITA_003.JPG
 
<<前回:子どもが「サッカーばか」にならないために意識したいこと
 

■選手が自分で考えて取り組む姿勢を引き出す

現在、つくばFCのユースとセカンドチームの監督を務める八木大さんは、“生え抜き”の指導者。小学5年生からつくばFCのスクールに通い始めて以来、ジュニアユース、ユースでプレーしてきました。「大学3年生の時にキャプテンを務め、練習メニューやメンバー選考をしていたことが、指導者の魅力を知るきっかけでした」。大学はサッカー部でプレーしていましたが、卒業から1年後、コーチとしてクラブに戻ってきました。
 
小学生年代のスクールを担当している森田大輔さんも、小学5年生からスクールに通い、ユースにも所属していました。「今もつくばFCで選手を続けていますが、専門学校でサッカーをしていて、卒業前に石川(慎之助)代表と話す機会がありました。つくばFCは、選手を続けながら、サッカーに関わる仕事ができるということが自分に適していると思いました」。4年前から、選手と指導者の二足のわらじを履いて、クラブに関わってきました。
 
tsukuba_MORITA_005.JPG
 
育成年代に所属したクラブに戻ってきた2人。小さい頃からクラブの“人財育成”という理念に触れてきた彼らは今、どのようなことを考えながら子どもたちと向き合っているのでしょうか。
 
高校生と接することが多い八木さんは、「自分で考えさせること」を意識しています。「例えば高校1年生には、『今、上手である必要はない。これから上手くなるためにどうすべきかを考えよう』と伝えています」。八木さんは選手に、1週間後、数カ月後、1年後、2年後、3年後と区切って考えることを勧めています。「“今”ばかりを見すぎてはいけないと思っています。僕自身、中学生、高校生の時にコーチから言われてきましたし、今でも期間を切って目標設定する大切さを感じています。これは勉強にも、社会生活にも通じると思います」。
 
森田さんは、サッカー以外の面も大切にしているそうです。「子どもたちには、人として当たり前のことを、当たり前にできるようになってほしいと思っています。ですから、挨拶や準備など、大切なことは伝えるようにしています。最初は自分のことしか考えられなくても、少しずつ仲間のことを考えられるようになってほしいなと」。
 
もちろん、サッカーの指導にもこだわりがあります。「性格に応じた声がけはありますが、子どもに『どうしたら上手くなる?』と聞かれても、すぐに答えを言わずに考えさせています。そうやって自分で考えるようになった子が、練習後に『成果を見て』と寄って来てくれたりすると、すごく嬉しくなります」。子どもの日々の成長を見守り、彼らの変化に敏感に反応してあげることは、森田さんが大切にしていることです。
 
八木さんも森田さんも、選手が自分で考えて取り組む姿勢を引き出すことを大切に考えて指導しています。
 
次ページ:サッカーと勉強、両立のコツは…

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

1  2
文・写真:本田好伸

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(265件)

コメント

  1. トップ
  2. コラム
  3. 考える力
  4. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?