1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. ぜったい子どもに伝えたくなる! スポーツマンシップの歴史

考える力

ぜったい子どもに伝えたくなる! スポーツマンシップの歴史

2014年9月 8日

キーワード:サッカースポーツスポーツマンシップフェアプレーメンタルルール社会運動

試合中、接触プレーなどでピッチに選手が倒れ込むと、オンプレーでもボールを外に蹴りだす慣習がサッカーにはあります。倒れた選手のチームメイトは、ボールを蹴りだしてくれた相手チームに感謝し、試合が再開するとボールを返します。スポーツマンシップに溢れる素晴らしい一幕です。子どもの試合を観戦中に、そういった場面に出くわすことも少なくないでしょう。子どもたちには、ぜひともスポーツマンシップを身につけてもらいたいものです。
 
では、ここで問題です。このスポーツマンシップは、どこで生まれた考え方なのでしょうか? 子どもに「スポーツマンシップってなに?」と聞かれたときにしっかりと答えられるように、その起源について『新しいスポーツマンシップの教科書』の著者である広瀬一郎さんに教えてもらいましょう。
 
HT022872small.jpg
取材・文/広瀬一郎 写真/田川秀之
 
<<これからの日本では「スポーツマンシップ」こそ武器になる
 

■「戦い」ではなく「交渉」から生まれたスポーツマンシップ

前回、「近代スポーツ」の母国、19世紀の英国について触れました。史上初めて「産業革命」を実現し、そこからやはり人類初の「社会」が誕生したので、まったく新たな行動規範が必要になったのです。(後に触れますが、「社会」は「国民国家」の基盤です。20世紀になって、国民国家が続々と増えました。それは社会が増加した、ということでもあります。新たな国民国家は、先行した英国を模範にしました。特に国民の育成に有効なスポーツは、各国で積極的に取り入れられました。スポーツマンとは、言い方を変えれば「良き市民」のモデルでもあり、国民のあるべき姿でもあるのです。20世紀は国民国家が地球を被う世紀でしたが、それは同時にスポーツが世界化した歴史でもありました。(第一次世界大戦後の国際連盟に加盟した国の数と、第二次世界大戦後の国際連合の加盟国数の増加は、IOC加盟国の増加とほぼ相似形を成していますが、それは全くの偶然ではないのです)
 
19世紀中葉のビクトリア朝イングランドでは、「文明的(civilized)」であるかどうかが重視されていました。当時、文明化は「スポーツ化」とも呼ばれていたのですが、その中核にあるのは「非暴力」という点でした。「暴力」は「野蛮」を意味し、軽蔑されていたのです。
 
近代以前は、基本的には武力でモノゴトが決められていました。しかし、ヨーロッパでは三十年戦争以降、厭戦気分が高まり、「戦い」ではなく「交渉」や「ルール」でモノゴトを決めようと言う気運が広がっていました。
 
イングランドはその後「無血革命」を成し遂げ、それを「名誉革命」と名付けました。それは、武力ではなく「交渉」によって革命を成し遂げたというプライドの現れだったのです。
 

■ジェントルマンを育成するためのスポーツ

近代国家としての国民国家をいち早く樹立したイングランドでは、暴力ではなく、冷静な理論で問題を解決することが「文明化した社会に生きる市民の行動規範」だという考えが定着し、そういった行動をとる理想的な人物像を「ジェントルマン」と呼ぶようになりました。ジェントルマンには何よりも非暴力であることが重要なのです(そして、これはじつに勇気のいることなのです)。同じ頃、スポーツも「ルール」によって「暴力は禁止」されるようになりました。
 
近代のパラダイムは、「理性」「進化」「啓蒙」の3つですが、ルールによる暴力の抑止は「理性」に、「進化」は練習による進歩に、啓蒙はまさしくスポーツの普及に相当します。すべてのスポーツ競技団体は、競技の「向上」と「普及」を目的としています。これは言うまでもなく、「進化」と「啓蒙」を背景にしています。こうしてみると、スポーツは近代を体現していることがよく分かりますね。
 
ジェントルマンを育成するのは、当時のパブリック・スクールの役割だったのですが、この学校にはもう一つの国家的な使命がありました。それは「植民地の管理者」を養成することでした。マネジメント学のオーソリティー、ドラッカーは、「ビクトリア朝イングランドの成功の鍵は、植民地政策の成功にあり、それはミドル・マネジメント人材の育成の成功によってもたらされた」と喝破しています(ミドル・マネジメントとは、取締役クラスではなく、支店長クラスのことです)。
 
1  2
取材・文/広瀬一郎

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(264件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. ぜったい子どもに伝えたくなる! スポーツマンシップの歴史

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  6. しつこいマークがはずせないときは、どうすればいいの?【いまさら聞けないマークをはずす動き4】
    2015年11月26日
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  9. トレセンが全てじゃない! サッカー選手として成長するために、いま大事にしてほしいこと
    2017年11月 7日
  10. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日

一覧へ