1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 子育ては、あえて気づかないフリをしよう(2/2)

考える力

子育ては、あえて気づかないフリをしよう(2/2)

2011年6月30日

キーワード:コーチング自立

■自分の「強み」と「研究」が生んだ「物怖じしない心」

11-06-30-4_sam4.jpg

――高校3年では枚方FCでクラブユース選手権準優勝、大学でもユニバーシアード代表で世界大会優勝した石丸さんですが、Jリーガーになってからは「挑戦」する立場のチームを渡り歩きました。そこで「物怖じしない」ために、どんなことをしたのですか?

「実は僕、今までのサッカー人生で緊張した記憶がないんです。2003年元旦、京都にいたときに鹿島と対戦した天皇杯決勝ですら緊張はしませんでした。

もちろん大きな試合で高ぶったことはありますけど、Jリーグではじめてピッチに立ったときでも緊張はしませんでしたし、天皇杯決勝でも、いつもはアップでキャッキャいっている若い選手たちがみんな無言で顔もガチガチに引きつっている中、先発で一番年上の僕は冷静でしたね。これはいいことではないかも知れませんけど、自分の感情が高ぶることがない。

そういえば天皇杯決勝のときは、その選手の前ではっきりと『お前、緊張してるやろ』と話しました。

この方法は今でも使っていますよ。初スタメンで緊張している選手がいると、試合前にみんなの前でいうんです。『お前、緊張してるやろ』って(笑)。その後に『この状況を楽しみなさい。現状で100%を出せばいい』といいます。これで自分の人生が終わるわけじゃないし、好きならもう1回チャレンジできます。萎縮してできないのが一番もったいない。やろうとすることが大事なんです」

――その一方で、現役時代の石丸監督はいつも平常心でプレーしている印象がありました。

「自分は器用なことはできない選手でしたけど、自分のところに入ってきたボールは誰にも奪われないという、これまで培ってきたポリシーは持っていました。自分が失敗するイメージがほとんどないんですよ。最悪でもボールを取られないことには自信を持っていましたね」

1  2  3

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(264件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 子育ては、あえて気づかないフリをしよう(2/2)

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  6. しつこいマークがはずせないときは、どうすればいいの?【いまさら聞けないマークをはずす動き4】
    2015年11月26日
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  9. トレセンが全てじゃない! サッカー選手として成長するために、いま大事にしてほしいこと
    2017年11月 7日
  10. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日

一覧へ