1. トップ
  2. コラム
  3. 考える力
  4. "考える"環境を与えよう(2/2)

考える力

2011年6月29日

"考える"環境を与えよう(2/2)

キーワード:コーチング自立

■自分で考えてサッカーを!

11-06-29-02_sam2.jpg

――その後の進路では、高校サッカーに進もうという選択肢はなかったんですか?

「枚方FCのサッカーが楽しかった。高校サッカーを見ても楽しそうな感じを受けなかったのもありますが、みんなもチームに残ったので、その選択肢に進む考えは、全くなかったです。

高校生になっても『選手権でTVに出られるのはいいな』と思うくらい。枚方FCは『自分で考えてサッカーをやりなさい。そのために技術をつけましょう』というクラブ。枚方FCの楽しいサッカーをやりたい選手ばかりだったので、高校サッカーに憧れることは、全くありませんでした」

■「考える」環境を大人は与えよう

――枚方FCの方針でもある「自分で考える」ことは、今の子どもの多くが慣れていない部分ですよね。

「そうですね。大人の指示を待っていますよね。『何かいってくれないの?』という感じで黙っている。そこで我慢比べに負けてしまって、大人が先にしゃべってしまう。もちろん、学年によって難しい部分はありますけど、『自分の意思で動いたから、責任が生じる』ことを避けていますよね。『あの人がいったら、僕がしたんだよ』ということが最近はとても多いですよね。

それと比べて考えてみると、当時の枚方FCでは監督やコーチがいったことに対して『自分たちはこう思ったから、このように行動した』という場面がとても多かった。例えばPKを弱く蹴って外したときにも『なんで強く蹴らないんだ!』といわれたら『結果は別にして、駆け引きをした上で考えて蹴った。だから怒らなくていいじゃない』とかですね。それがいいことか、悪いことかは分からないのですが、そういうことは、よくいっていましたね」

――ただそれも、説明できないと主張できませんよね?

1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(266件)

コメント

  1. トップ
  2. コラム
  3. 考える力
  4. "考える"環境を与えよう(2/2)