1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. シャビを育てた元バルセロナカンテラコーチの教えに迫る!<9>U-12年代の指導に対する考え方

考える力

シャビを育てた元バルセロナカンテラコーチの教えに迫る!<9>U-12年代の指導に対する考え方

2011年6月20日

キーワード:スペインバルセロナ海外サッカー知のサッカー

soccer-services.png

FCバルセロナ(スペイン)の下部組織監督として、数多くの選手を育ててきたジョアン・ビラ。彼の教え子であるシャビ、プジョル、V・バルデスたちは、現在のバルセロナの中心を担っています。ジョアン・ビラは現在、FCバルセロナを離れ、「サッカーサービス」という組織を作り、ヨーロッパやアジア各国を回り、育成年代の選手を指導しています。

今回は、ジョアン・ビラに「U-12年代の指導に対する考え方」について、聞いていきます。

■スペインのサッカー事情

スペインでは、親が子どもにサッカーを教えることはほとんどありません。指導について勉強をしたコーチが、子どもたちを教えています。監督はサッカーに対する知識を持っているので、一般的にいつ、何を教えるべきかを知っています。以前、親は自分の子どもが「いいサッカー選手になれるだろうか」、「うまくなれるだろうか」と心配していましたが、現在のスペインは、そのような状況から変わってきています。

スペインが今のような状況に来るまで、3つの段階がありました。1つ目は30年前、保護者がサッカーチームの監督をしていた時期です。今の日本の状況と似ているかもしれません。2つ目に来たのが、あまりにも競争意識が高まり、勝利を優先する意識が強くなった時期です。そして現在は、3つ目の段階に来ています。

子どもたちが、『サッカーを楽しみながら学ぶ』という世の中になってきました。私はカタルーニャ・サッカー協会でも仕事をしていますが、幼少期から激しい競争をして、レベルの高い一部の選手が上のカテゴリーへ進むピラミッド型ではなく、ピラミッドの土台の部分を広くして、多くの選手を高いレベルへ押し上げようと考えています。

■サッカーを理解している選手

その考えが広まってきたのも、最近のことです。それまで、子どもたちは勝つことだけに関心があり、サッカーを学ぶこと、いいプレーをすることに、それほど興味はありませんでした。監督も試合に勝つために、体が大きい、足が速いなど、フィジカルに優れた選手を探していました。しかし現在、下のカテゴリーでは、『サッカーを理解している選手』を育てることを意識しています。勝ち負けが最優先ではなく、学ぶことを目的にやっています。14歳までに大切なことは、効率よく勝つことよりも、サッカーを学び、学習することです。そして、14歳以降に競争の段階に入り、選ばれた選手がプロになります。

1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(263件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. シャビを育てた元バルセロナカンテラコーチの教えに迫る!<9>U-12年代の指導に対する考え方

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  5. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  6. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ