1. トップ
  2. コラム
  3. 考える力
  4. シャビを育てた元バルセロナカンテラコーチの教えに迫る!<7>ジョアン・ビラが語るシャビ(バルセロナ)のすごさと魅力について

考える力

2011年6月 1日

シャビを育てた元バルセロナカンテラコーチの教えに迫る!<7>ジョアン・ビラが語るシャビ(バルセロナ)のすごさと魅力について

キーワード:スペインバルセロナパス海外サッカー知のサッカー

soccer-services.png

バルセロナ(以下バルサ)とスペインを代表する名選手・シャビ。彼は、「サッカーにおける師匠は父の次にジョアン・ビラ」だと話します。シャビのすごさは、いったいどこにあるのでしょうか? ジョアン・ビラとシャビの言葉から、彼の持つ力をヒモ解いていきます。

■バルサは選手全員が力をあわせてプレーしている

「バルサの選手たちは、チーム全員が同じ方向を見てプレーしています。バルサの選手はボールを受ける前に周りを見て、ボールが来たら味方へパスをします。次の選手もボールを受ける前に周りの選手を見て、ボールが来たらパスをつなぎます。このように、バルサは選手全員が力をあわせてプレーしています

バルサのサッカーは美しいパスがつながり、あっという間に相手ゴール前まで迫っています。そこにはチームメイトをサポートし合う仲間がいるからとジョアン・ビラはいいます。

「シャビ、イニエスタ、プジョルは、自分ひとりではなく、チームとしてお互いに輝き合っています。仲間を大事にすることで、お互いに"一緒にプレーをしていこう"という気持ちが強くなるのです。カンテラで育つ選手たちは、チームでプレーをすることを重んじる人間性を持っているのです。長い時間をかけて教え、培ってきたからこそ、"今"の輝きがあります」

ジョアン・ビラの教えは、バルサの教えそのものだと、シャビはいっていました。バルサの選手は、いつでも味方のサポートにいけるように、適度な距離感を保っています。そしてピッチをよく見ています。それが、世界中を魅了するバルサのサッカーなのです。

■シャビのようなパスを出す6つの方法

2010-11シーズンのUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦で、シャビは1点目のアシストを決め、2点目の基点となりました。そこにシャビの秘密があります。

シャビのすごいところは、ボールを大切に扱うことです。そして顔をあげてピッチ全体を見渡せる視野があること。シャビはいつも、どこにパスを出せるのかを知っています。特に優れているのは(パスを受ける)ボールタッチ。コントロール・オリエンタード(ファーストタッチを次のプレーがしやすいように方向づけること)が自然にできること」

1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(288件)

コメント

  1. トップ
  2. コラム
  3. 考える力
  4. シャビを育てた元バルセロナカンテラコーチの教えに迫る!<7>ジョアン・ビラが語るシャビ(バルセロナ)のすごさと魅力について