1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. ボールに寄りすぎてはいけない。お団子サッカーの解消に有効な「味方をサポートするポジショニング」の習得

テクニック

ボールに寄りすぎてはいけない。お団子サッカーの解消に有効な「味方をサポートするポジショニング」の習得

公開:2022年7月19日

「サッカー指導者のためのオンラインセミナー『COACH UNITED ACADEMY』」では、指導経験の浅いコーチに向けて「U8から取り組める、ポジショニングとパス交換の基準を学ぶトレーニング」を配信中だ。

過去2回に渡り、蹴和サッカースクール代表の上田原剛コーチに、サッカーを始めたばかりの子どもを指導する際の課題となる「お団子サッカーの解消」についてトレーニングを実施してもらった。

今回は「味方のサポートに必要な、下がってボールを受けるパス&コントロールの練習法」「4対1のボール回しで、パスの優先順位とポジショニングの状況判断を磨く」の2本をお届けしたい。(文・鈴木智之)

この内容を動画で詳しく見る

uedahara_001.png

<< 前回の記事を読む 

相手のプレスを回避するための味方へのサポートとボールの受け方

前回までの動画では「お団子サッカーの解消」をテーマに、『止まって受ける』『離れて受ける』に取り組んだ。今回は『下がって受ける』をポイントにトレーニングを進めていく。

uedahara_002.png

まずは四角形に選手を配置し、パストレーニングからスタート。開始時に上田原コーチは「どういう状況だから、下がって受けるかを言える人?」と、子どもたちに投げかける。

そこで、ある子から「仲間(ボール保持者)にプレッシャーがかかっているから」という答えが返ってくる。

ボール保持者が前方からプレッシャーを受けた状態では、パスコースは横に限定される。そのため、左右にいる選手は下がってパスコースを作り、プレッシャーを受けている味方を助ける動きをしたい。

トレーニングでは、ボールを保持している選手がボールをコントロールした瞬間、パスの受け手が下がってボールを受ける動きを繰り返していく。

ボールを受ける際に軸足を抜き、体を反転させてオープンに止める

uedahara_003.png

上田原コーチはボール保持者に対して「何でもできる場所にボールを止めよう」と伝え、受け手の選手に対しては「味方がボールを止めたら下がろう」「下がってもらうときに、周りを見ることにチャレンジしてみて」などの声をかけていた。

パスを出すときにポイントになるのが、下がって受ける選手に対して、強すぎないボールを出すこと。上田原コーチは「下がって受ける人には、ゆっくりのボールでいいので前にボールを出そう。それと、背中側にボールを出さないようにしよう」とポイントを伝えていった。

uedahara_004.png

さらには、ボールを受けて前を向くために、軸足を抜いて体の向きを変える方法をデモンストレーション。スピードに緩急をつけてボールを受ける方法もレクチャーしているので、動画で確認してほしい。

目的とプレーの優先順位を意識して行うパス回しのトレーニング

uedahara_005.png

続いては「4対1のボール回しで、パスの優先順位とポジショニングの状況判断を磨く」トレーニング。

ここでのポイントは四隅のコーンの中間地点にフラットマーカーを配置し、「パスを出した選手は、マーカーに戻ってから次のプレーに移る」というルールにすること。そうすることで、ボールに寄りすぎない=お団子サッカーの解消につなげていく。

uedahara_006.png

上田原コーチはマーカーに戻ることについて「左右どちらにも動きやすいから」と説明。「ボールの状況を見て、味方に寄ると離れるをやってみよう」と声をかけていった。

続いて、パスの出し方をアドバイス。「ディフェンスが来た時は、ボールを止めた方がいい?止めないほうがいい?」と問いかけ「相手が来ている時はワンタッチが有効。使い分けよう」とレクチャーしていく。

さらには、パスの優先順位にも言及。4対1の状況を試合と仮定すると、ボール保持者の左右ではなく、前方の選手にパスを出すことが得策だ。

ただし、守備側も前方からボールを奪いに来るため、正面にパスを出そうとしてもコースがなく、奪われてしまう。

そこで重要なのが、味方からボールを受けるために下がり、前方のDFを外した状態でパスを受けること。その動きと連動し、次にパスを受ける正面の選手は左右に動いてパスコースを作ることがポイントになる。

uedahara_007.png

上田原コーチは、ボールを受ける際の離れる動きをデモンストレーション。「試合でもそうやってパスコースを作るんだよ」と伝え、前方(正面)にパスを出せないときは、ボールが来た方と反対側のサイドに出そう」とパスの優先順位を教えていった。

最後は2チーム対抗で、どちらが先に10本パスをつなぐことができるかを競争し、トレーニングを締めくくった。2本の動画とも設定自体はシンプルだが、コーチングのポイントを絞り、重要なことを伝えていた。

上田原コーチのわかりやすいデモンストレーション、子どもたちに意識を向けさせ、ポイントを伝える際の声のかけ方など、多くの学びが得られる動画だ。ぜひ繰り返し見て、トレーニングの参考にしていただければと思う。

<< 前回の記事を読む 

この内容を動画で詳しく見る

【講師】上田原剛/
15歳の時にジーコサッカーキャンプに参加、ジーコにスカウトされアントラーズユースへ入団、その後大学を経て指導者の道へ。CFZ(ブラジル)で指導者をスタート。2005年〜2021年までの15年間は鹿島アントラーズのアカデミーにて指導。茨城県トレセンU12、ナショナルトレセン(関東)U12担当。2021年4月に蹴和サッカースクールを立ち上げ現在は小中学生の指導にあたる。スクールのほか指導者育成活動(練習会や講義)を行い、2021年6月からスタートした「お父さんコーチ向け練習会」には既に150名以上の指導者が参加している。

1

1200_628.jpg

サカイク公式LINE
\\友だち募集中//

人気サカイク主催イベントや
お得なサンプリング情報を配信中!
大事な情報を見逃さずにチェック!

友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
鈴木智之

募集中サカイクイベント

サカイクイベント一覧

関連する連載記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(378件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. ボールに寄りすぎてはいけない。お団子サッカーの解消に有効な「味方をサポートするポジショニング」の習得