1. トップ
  2. コラム
  3. テクニック
  4. なぜ、全国経験のないサッカー部から毎年Jリーガーが輩出されるのか?興國高校サッカー部の秘密に迫る

テクニック

2015年7月23日

なぜ、全国経験のないサッカー部から毎年Jリーガーが輩出されるのか?興國高校サッカー部の秘密に迫る

キーワード:サッカーサービススペイントレーニング指導法考える力興國高校

過去3年で4名。高校サッカー界屈指のプロ輩出率を誇るのが興國高校サッカー部(大阪府)です。現在、Jリーグで山本祥輝(富山)、北谷史孝(横浜FM)、田代容輔(神戸)、和田達也(松本山雅)の4名が活躍しています。なぜ、高校選手権に出場経験のない興國高校から、毎年のようにJリーグのスカウトに評価される選手が生まれてくるのでしょうか。その秘密を興國高校サッカー部・内野智章監督に聞きました。(取材・文 鈴木智之)

興国高校サッカー部 内野監督
興國高校サッカー部・内野智章監督

■サッカーサービスの練習は頭を使わないとできない

――過去3年で4名のJリーガーを輩出しているのは驚きです。それも、毎年。つまり、偶然ではないということです。どのように選手を育成しているのでしょうか?

僕が監督になって、今年で10年目になるのですが、きっかけは2010年に始めたスペイン遠征です。バルセロナに行かせてもらい、現地のチームと試合をしたり、クラシコ(バルセロナ対レアル・マドリーの伝統の一戦)を見たりしました。現地でトレーニングもするのですが、そのときにサッカーサービス(補足1)のコーチにクリニックをしてもらいまして「これはすごいな」と思ったのと同時に、ある程度、自分の考えは間違っていなかったんだなと感じました。それからは毎年スペインに行って、クリニックをしてもらっています。

補足1:サッカーサービスとはバルセロナに本拠を構えるプロの指導者集団。経験豊富なベテラン指導者、大学の教授らが開発した指導メソッド「エコノメソッド」をサッカーチーム、選手に提供。また、興國高校とパートナーシップを締結している。
サッカーサービス公式サイト

――具体的に、サッカーサービスのトレーニングのどの辺りがすごいと感じたのでしょうか?

バルサの試合を見ていると「サッカーサービスの練習でやった場面だ!」というのが出てくるんです。松本山雅に入った和田(達也)のように、サッカーIQの高い選手は、バルサの試合を見ていて「いまのは、サッカーサービスのトレーニングでやったプレーですよね」と言ってきます。

とくに、バルサの育成年代の試合を見ていると、サッカーサービスでに身に着けたプレーをしていることがはっきりとわかります。興國では『考えてプレーする』ためのベースを1年生で身につけて、2年生では守備の原則、3年生はチームとしてサッカーサービスのメソッド(エコノメソッド)を取り入れたトレーニング(補足2)をしています。

補足2:エコノメソッドでは選手が状況に応じた最適な手段を見つけ、判断してプレーできるような認知トレーニングを重視。

――1年生、2年生、3年生と段階を追って色々なものを身につけていくんですね。

はい。サッカーサービスの練習は頭を使わないとできません。しっかりと状況を見て、判断しないといけない。それまでサッカーを学んだことがなかった選手は、目を輝かせてイキイキしています。こんな練習、初めてやったと。

――いま、興國からは塩崎悠司選手(U-16日本代表)、大垣勇樹選手(U-15日本代表候補)が年代別代表に選ばれています。高体連のチームで、年代別代表に複数の選手を送り込むのは、稀なケースだと思います。彼らはどこが評価されたのでしょう?

大垣は大阪の枚方FC、塩崎は和歌山のカナリーニョFCリオというクラブの出身なのですが、1年生のときはサッカーサービスのメソッドに加えて、うち独自のドリブル練習をさせています。ボールの置きどころにこだわって1対1の練習をするのですが、イニエスタもシャビもピケも、ボールを毎回同じところに置くんですね。そのトレーニングを朝練でひたすらやります。

次ページ:サッカーサービス×ドリブル練習で育てる


興国高校も取り入れた指導メソッド
サッカーサービス監修のDVD「知のサッカー」シリーズ>>

サッカーサービスが監修したトレーニングメソッドDVD「知のサッカー」シリーズ

1  2
取材・文 鈴木智之

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(170件)

コメント

  1. トップ
  2. コラム
  3. テクニック
  4. なぜ、全国経験のないサッカー部から毎年Jリーガーが輩出されるのか?興國高校サッカー部の秘密に迫る