1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第13回】森崎ツインズ(サンフレッチェ広島)のワンポイントサッカー講座 トラップの重要性編

テクニック

【第13回】森崎ツインズ(サンフレッチェ広島)のワンポイントサッカー講座 トラップの重要性編

2011年3月19日

キーワード:Jリーグサンフレッチェトラップトレーニング森崎ツインズ練習

現在、サンフレッチェ広島で双子のプレーヤーとして活躍中の森崎浩司選手と森崎和幸選手。この森崎ツインズが小学生プレーヤーのためにサッカー上達のヒントを伝授するコーナー。今回の和幸選手による「トラップ」講座は、Jリーグ選手に学ぶトラップのポイントです。

0004071.jpg

■Jリーグでも証明されるトラップの重要性

 すべてのプレーの中で、トラップが最も重要といいましたが、それはJリーグの試合中にも見ることができます。僕はボランチ、いわゆる守備的MFとして試合に出場することが多いですが、対峙する選手の中には、そのファーストタッチ(トラップ)によって、ゴールという結果を残している選手がいます。
 それは、2年連続でJリーグの得点王を獲得した前田遼一選手(ジュビロ磐田)です。彼がゴールを量産しているのは、その突出した決定力という面もありますが、それを可能にしている、トラップに秘密があるように思います。前田選手は、トラップがうまく、懐が深い。 これはキープ力のある選手たちの特徴でもあるのですが、懐深くにボールを収められると、DFとしては簡単に飛び込めず、ボールを奪うタイミングが計りにくいんです。昨年のナビスコカップ決勝で、彼と対戦しましたが、本当に抑えるのが大変でした。

 前田選手の場合、ただ来たボールを受けるのではなく、その瞬間にフェイクを入れながらトラップをするのです。例えば、右に持ち出そうとしているような動きを見せ、実は左に抜こうとするなど、パスをもらう前から、駆け引きを仕かけてきます。また、そうしたフェイクをこちらが予想しても、さらにその裏をかいてくるなど、マークする選手の頭の中をまるで読んでいるかのような選択をします。フェイクだけでなく、ボールを奪われない位置を常に把握し、確実にそこにトラップする。そうすることで、彼はあれだけの数のゴールを決めています。

 世界に目を向ければ、ACミラン(イタリア)のズラタン・イブラヒモヴィッチ。彼はあえてマークが来ているほうにトラップして、チェックに来た瞬間に、DFと体を入れ替え、決定機を作りだしています。彼の身体能力とあの体格があってこそのワザなので、マネをしなくていいですが、トラップだけでいろいろなことが可能なんです。

1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第13回】森崎ツインズ(サンフレッチェ広島)のワンポイントサッカー講座 トラップの重要性編

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  6. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. 「バルサはすごい」で終わらせないために。求められる『認知力』と『インテンシティ』
    2017年11月13日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. 長谷部選手も実践!効果的に足首を固定するテーピングの方法とは?
    2017年11月15日

一覧へ