1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. レジスタが初優勝。日本代表としてポーランドへ【ダノンネーションズカップ2012】

サッカー豆知識

レジスタが初優勝。日本代表としてポーランドへ【ダノンネーションズカップ2012】

2012年4月 1日

キーワード:大会

1日、駒沢オリンピック公園(東京)でダノンネーションズカップ2012の決勝大会が行われ、レジスタFC(埼玉県)が決勝でセレッソ大阪U-12に競り勝ち初優勝を果たしました。レジスタFCは、本大会5連覇を狙った川崎フロンターレを準々決勝で破ると、準決勝ではファナティコス(群馬)に4―0で勝利。地元から応援にかけつけた父兄やチームメイトの大応援団の後押しもあり、その勢いのままセレッソ大阪を2―0で破りました。
 
「ダノンネーションズカップ」は、10歳から12歳までの小学生年代が出場する、FIFA公認のU-12世界大会。レジスタFCは、9月にポーランドで開催される世界大会に日本代表として出場します。
 
 
DSC09430.JPG
 
DSC09409.JPG
優勝したレジスタFCの選手たち。
 
DSC09389.JPG
準優勝のセレッソ大阪U-12。レジスタFCに世界一の夢を託した。
 
DSC09384.JPG
大会最優秀選手には、レジスタFCの9番。榊原彗悟(さかきばら けいご)君が選出された。
 
DSC09046.JPG
身長130cmの榊原君だが、体格差のあるDF陣を鋭い飛び出しで何度も突破した。
 
DSC09356.JPG
レジスタFCの大応援団。
 
DSC09267.JPG
決勝戦の前半は拮抗した展開。どちらも譲らず0−0で終えた。
 
DSC09307.JPG
後半に均衡を破ったのは、レジスタFCの吉岡直輝君。GKとの1対1を落ち着いてゴールに流し込んだ。
 
DSC09320.JPG
先制点の後、喜びのあまりメンバーにもみくちゃにされる吉岡君。
 
DSC09342.JPG
2点目をヘディングでゴールしたのはキャプテンの伊藤颯(いとう かいと)君。このゴールが試合を決定づけた。
 
DSC09352.JPG
そして歓喜の瞬間。日本の町クラブが世界に挑む。
 
DSC09359.JPG
スタンドのチームメイトと優勝の喜びを分かち合う選手たち。彼らは190人の部員たちの夢も背負っている。
 
 
ダノンネーションズカップ2012inJAPAN公式HP>>
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
 
2011年大会の様子
1
写真/サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(235件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. レジスタが初優勝。日本代表としてポーランドへ【ダノンネーションズカップ2012】

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強くて速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ