1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 「できたやん。うまくなってるやん」と褒めると積極的にプレーし始める!元日本代表DF中西永輔のサッカー少年の育て方

インタビュー

2016年7月21日

「できたやん。うまくなってるやん」と褒めると積極的にプレーし始める!元日本代表DF中西永輔のサッカー少年の育て方

キーワード:お父さんやる気中西永輔失敗子育て日本代表

 

■親としての理想の振る舞いかたとは

――中西さん自身、コーチの立場として、教え子の親と接することもあると思いますが、親としての理想の振る舞いは、どのようなものだと思いますか?
 
サッカーのプレーについては、コーチに任せることですね。ここから先はコーチの領域というのがあるじゃないですか。練習の内容についても、当たり前ですけどコーチに任せる。周りのコーチに聞いた話では、お父さんお母さんのなかには「もっとこういう練習をしたほうがいいんじゃないですか?」と言ってくる人もいるそうです。それは親がコーチの領域に入ってきていることになりますよね。
 
――たしかに、そのとおりだと思います。
 
コーチとしては子どもたちを見て、これが課題だからこの練習をしようといったように、長いスパンでトレーニングを組み立てています。目の前の現象だけではなく、長い目で見て「いまはこの技術を身に付けるべき」という考え方をします。たとえばパスがつながらないときに、トラップがわるいのか、それともパスコースをつくる動きがないのか、見極めますよね。原因があって、どういう練習をすればいいかを考えるのが、コーチの仕事でもあります。当然、基礎練習も必要です。ボールを「止めて、蹴る」がしっかりできないと、戦術的な練習もできませんから。バルセロナの選手が練習でロンド(鳥かご)をするのを見てもわかるとおり、プロの選手も必ず基礎練習をします。基礎が大切だということは、プロになり世界を相手に戦うようになって実感しました。
 
 

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

前のページ 1  2
取材・文 鈴木智之

関連記事

関連記事一覧へ

インタビューコンテンツ一覧へ(177件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 「できたやん。うまくなってるやん」と褒めると積極的にプレーし始める!元日本代表DF中西永輔のサッカー少年の育て方