1. トップ
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 「どうして朝ごはんを食べなければいけないの?」に答えられる? サッカーの集中力もUPする朝ごはんのチカラ

健康と食育

2017年11月 9日

「どうして朝ごはんを食べなければいけないの?」に答えられる? サッカーの集中力もUPする朝ごはんのチカラ

キーワード:エネルギー補給カルシウム朝食栄養食育

元日本オリンピック委員会強化スタッフで、現在はスポーツ栄養WATSONIAの代表としてプロスポーツ選手から企業まで広く栄養サポートをしている管理栄養士、川端理香さんに食事の大切さを教えていただきます。

今回は「どうして朝食を食べなければいけないのか」。親も分かっているようで子どもに質問されたら回答に迷ってしまう、この質問について解説していただきました。

<<関連記事:ファストフードで筋肉修復! たくさん走って疲れた体を回復するメニューの組み合わせ方

breakfast1_03.jpg
(「どうして朝ご飯を食べなければいけないの?」 子どもの問いに答えられますか)

「朝ごはんを食べよう!」とは、チームの監督やコーチだけでなく、学校でもよく言われることだと思います。

そのおかげで「朝ごはんは食べなくちゃ」と思う選手も多く、朝ごはんを食べない=悪いことだと思っているようです。

実際に、私もスポーツチームで栄養セミナーなどをする際、「朝ごはん食べてきた?」と尋ねると、食べてこない選手はきまり悪そうな顔をしてモジモジしています。この朝ごはんを食べることが当たり前だということが浸透していることはとても良いことだと思います。

■エネルギーチャージでサッカーに集中

ところが、です。「どうして朝ごはんは食べなきゃいけないの?」と尋ねると、「食べろと言われるから」「食べないと怒られるから」といったような答えが返ってくるのです。

正直、これはとても残念な事です。「どうして」というところが大事なのです。

朝ごはんを食べた方が良い理由には、成長期の選手の場合はこの3つがあげられます。

1.寝ている間に消費したエネルギーを補給する
2.身体のスイッチをいれる
3.成長に必要な栄養素を効率よく摂る

一つずつ説明していきましょう。

まず「1.寝ている間に消費したエネルギーを補給する」です。

よくあることですが、選手たちは眠っている間はエネルギーが使われないと思っています。でも寝ている間、心臓は動き、血液は流れ、体温も36-37℃をキープしています。寝ているからといって決して心臓は止まったり、体温は0℃になったりしないのです。そういった働きをするために、身体は寝ている間もエネルギーを使っているのです。

ですので起きた時には寝る前より身体にあったエネルギーは少なくなっているので、それを朝ごはんで補給するのです。

それなのに、朝ごはんを食べないとどうなるか。

breakfast1_02.jpg

(寝ている間に消費したエネルギーを補給)

エネルギーが少ないので身体が重い、頭がボーっとする、もしくは眠くなることもエネルギーが少ないことのサインです。選手の場合は、朝ごはんを食べないで練習してもいつもの動きが続かなかったり、できないことは容易に想像できるでしょう。

次ページ:「朝起きられない...」は体質ではない

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

1  2
文:川端理香

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(169件)

コメント

  1. トップ
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 「どうして朝ごはんを食べなければいけないの?」に答えられる? サッカーの集中力もUPする朝ごはんのチカラ