1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 【第5回】Let's ショクイク!-『寒い冬こそ、朝食をしっかりと!』

健康と食育

【第5回】Let's ショクイク!-『寒い冬こそ、朝食をしっかりと!』

2011年1月 8日

キーワード:let'sショクイク栄養食事食習慣

身体を構成する栄養素を摂取し、発育やコンディション維持の重要な役割を担う食事。子の代わりに親が筋トレをする訳にはいかないけれど、食事ならサッカーに必要な献立を親が考え、子どもに提供することできます。そういう意味で、食事とは親が協力できる唯一のトレーニング手段なのかもしれません。この企画では、日々の練習後や試合前後に採るべき、食べるべき栄養素や献立など、ジュニア世代の選手に必要な食事のお話をご紹介します。今回はJリーグのFC東京で栄養アドバイザーを務める久保田尚子さんにお話しをお聞きします。

■基本は1日3食(以上)食べること

0002572.jpg「小学生時代は大事な成長期です。その小学生時代にサッカー選手にふさわしい食事を食べていると、自分で食事を作る、あるいは選ぶ時になっても自然とそれができるものです。そして、サッカー選手にふさわしい食事とは、じつは私たちがずっと健康で過ごせるための食事に共通している部分がたくさんあるのです。そんな意味で、小学生時代は"一生の宝"になる良い食習慣形成の時期でもあるのです。

具体的に良い食習慣とは、まず、1日3食(以上)食べること。仮に朝食を抜いたと仮定すると、前日の夕食から昼食まで16~17時間も空いてしまいます。となれば当然エネルギー不足が起きます。すると、体温が上昇しないまま、しかも脳のエネルギーも不足したまま学校へ行くことになります。その結果、低体温、集中力や注意力不足といったことになってしまうわけです。 この寒い時期、とくに注意しないといけないことです。"朝食は食べて当たり前!"、そんな食習慣をつけてあげましょう。

忙しいから朝食作りもたいへん......というお母さんたちの声も聞こえてきそうですが、気負いは無用です。簡単にできて、いざとなれば子どもたちにも作れる、そんな朝ごはんだってたくさんあります。日に日に最低気温が更新される時期、朝食を食べずに学校に向かうなんて、ペナルティキックを受けることになったゴールキーパーのようなものです。どうぞ温かい朝食を食べさせて、学校に送り出してあげてください。

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(164件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 【第5回】Let's ショクイク!-『寒い冬こそ、朝食をしっかりと!』

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日

一覧へ