1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. サッカー合宿(キャンプ)に参加する子どもの親がチェックすべき5つのポイント

親子でチャレンジ

サッカー合宿(キャンプ)に参加する子どもの親がチェックすべき5つのポイント

2016年7月20日

キーワード:サッカーキャンプサマーキャンプスポーツペアレンティング

待ちに待った夏休みが始まりました。長期休暇は普段できないことに挑戦でき、スポーツの練習に打ち込むことができる期間です。
 
あなたのお子さんも、所属するサッカーチームの合宿や、サッカーキャンプに参加する予定があるのではないでしょうか。今回は、スポーツ先進国アメリカのある団体が打ち出した、スポーツキャンプに参加する子どものお父さんお母さんが守るべき5つのチェック項目を紹介します。(取材・文 スポーツライター・谷口輝世子)
 
DEF_0090_S.jpg
 
<<前回記事:『サッカー合宿(キャンプ)に参加する子どもの親がチェックすべき5つのポイント』
 

■アメリカのスポーツキャンプで重要視されている5項目

アメリカでは一般的に日本よりも夏休み期間が長く、子どもたちもさまざまなサマーキャンプに出掛けます。スポーツキャンプには、日帰り形式で自宅から通うものもあれば、合宿形式のものもあります。海外のスポーツキャンプに参加する子どももいます。
 
アメリカでは子どものスポーツを考える団体やウェブサイトなどが、子どもをスポーツキャンプに送り出すにあたって、親がチェックするべきいくつかの項目を設けています。
 
 
1、主催している団体、民間事業者などは信頼できるか
どのような基準で指導員を採用している、安全対策をホームページで確認したり、参加経験のある知人から話を聞いたりします。
 
2、子どもの健康診断と予防接種の確認
米国の学校では校医による健康診断がありません。子どもはかかりつけ医などで健康診断を受けます。健康診断を忘れていると運動部活動やサマーキャンプなどに参加できないことがあるので年に1度は健康診断を受けます。
 
また、集団生活を送るスポーツキャンプに参加するときには、はしか、風疹、おたふくかぜ、破傷風などの予防接種を済ませておくべきだと言われています。
 
3、熱中症、脱水症状の予防と知識
子どもが参加するスポーツキャンプでは、喉の渇きを訴えたときに、すぐに水分補給ができるようになっているか。また、子ども自身が頭痛やめまい、吐き気などを感じたときに、キャンプの指導員に自分で訴えることができるか。米国では尿の色を見て脱水症状になっていないかどうかをチェックできるよう子どもたちにも教えています。
 
4、日焼け止めの使用
夏休みは日差しの強い日中の練習時間が増えます。米国スポーツ界では日焼け止めの使用を推奨しています。これも、子どもが自分で使用できるように事前に塗り方を練習しておくとよいかもしれません。
 
5、ウェアとシューズやスパイク
ウェアは雨、暑さ、肌寒さなどに応じて、いくつかの種類を持っていくようにします。また、スポーツキャンプに参加するのだからと、用具を新調することがありますが、少なくともシューズやスパイクは普段から使い慣れたものを持参するようにします。新しいスパイクが足に合わず、キャンプ中に足を痛めたり、痛みを我慢したりして練習しているケースが多いと言われています。
 
次ページ:スポーツ先進国では"自由な環境での外遊び"がトレンド
 

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

 
1  2
取材・文 スポーツライター・谷口輝世子

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(179件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. サッカー合宿(キャンプ)に参加する子どもの親がチェックすべき5つのポイント

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強くて速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ