1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. お母さんも一緒にできる!せまい公園でも、親子で楽しく練習!【1】

親子でチャレンジ

お母さんも一緒にできる!せまい公園でも、親子で楽しく練習!【1】

2012年6月14日

キーワード:コミュニケーションドリブル運動神経

DSC00228.JPG

子どもが幼稚園から小学校低学年くらいの年代では、本格的なサッカーの練習というよりも、ボールにたくさん触り、ボールとじゃれ合って遊ぶことが大切です。この時期にたくさん体を動かすことで、子どものコーディネーション(五感の調整機能、いわゆる運動神経と呼ばれるものや脳の機能)は大きく発達します。そのために、今回は親子でできるサッカーメニューをいくつか紹介したいと思います。メニュー内容は、ドイツでUEFA ライセンスを取得した経験があり、現在は鹿屋体育大学サッカー部のコーチを務める片山博義氏に考案していただきました。
また、多くの家庭では子どものサッカーの相手といえばお父さんの役目かもしれませんが、スポーツは大人にとっても心身の美容&健康に役立ち、毎日をエネルギッシュに過ごす活力を与えてくれるものです。楽しく汗を流せば、溜まったストレスもスッキリ。お母さんも見ているだけではもったいない。
ぜひ、お子さんと一緒に楽しんでください!
 

①お母さんのモノマネドリブル

sakaiku-22.jpg
 
  1. お母さんはゆっくりジョギング。その後ろを子どもはドリブルでついていく
  2. お母さんはジグザグにジョギング。左へ曲がったら、子どもも左へ。動きを真似する
  3. 少しずつステップアップ。お母さんがジャンプをしたら、子どももボールの上をジャンプして越えて、またドリブル
  4. お母さんがしゃがんだら、子どももしゃがむ
  5. あえて障害物のあるところへ進んだり、ポーズを工夫するなど、お母さんはいろいろな動きを取り入れる
 

≪ポイント≫

■子どもがお母さんの動きを常に見ていなければならないこと
ボールだけに注意が向いて視線が下がっていると、お母さんの動きを見失って真似できなくなるので、子どもは自然と周囲を見ながらプレーする習慣が身に付くようになります。
 
■「周りを見なさい」と注意するのではなく、周りを見なければならないルールで遊ぶこと
サッカーに限ったことではありませんが、「あれをしなさい」「これをしなさい」と100回注意するよりも、自然とそれをやらなければならない状況を作るほうが子どもには効果的です。言われてやるのとは違い、自主性を育むことにもつながります。
 
 

②タオルで綱引きドリブル

sakaiku-12.jpg
 
  1. お母さんはタオルの端を握り、もう一方の端を子どもが握る
  2. お互いがタオルを握り合ったまま、お母さんはジョギング、子どもはドリブル
  3. 途中、お母さんは軽くタオルを引っ張る
  4. 子どもは体勢が斜めになりながらも、ドリブルでコントロールする。タオルはずっとつかんだまま
  5. 片方の手で3分行ったら、次は反対側で3分など
 

≪ポイント≫

■お母さんはタオルを強く引っ張りすぎず、子どもが少しバランスを崩す程度にやること
ボールコントロールと共に、子どものバランス能力が向上するメニューです。その力に耐えようとして、子どもは体の使い方を覚えるようになります。
 
今回はお母さんと子どもが1対1で遊ぶためのメニューを紹介しましたが、大切なのは、運動を楽しむこと。最初はうまくいかないかもしれませんが、失敗も含めて、親子で一緒に楽しんでください。
 
次回は3~4人の複数のお母さんと子どもが一緒に遊べるメニューを紹介したいと思います。
 
この記事の続きを読む>>
 
 
katayama.jpg
片山博義//
かたやま・ひろよし
東京都出身。1990年の高校在学中にドイツへサッカー留学し、プロ選手として活躍。96年にケガで現役を引退した後は指導者の道へ。FSVフランクフルトU-19のヘッドコーチなどを務めた実績のほか、Jリーガー数名のプライベートコーチとしても活動中。ドイツでUEFA 指導者ライセンスを取得し、現在は鹿屋体育大学サッカー部のコーチを務めている。
 
1
取材・文/清水英斗 イラスト/齋藤正太 写真/サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(179件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. お母さんも一緒にできる!せまい公園でも、親子で楽しく練習!【1】

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  2. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  3. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日
  9. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  10. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日

一覧へ