1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. イタリアに学ぶ! 体の動きを身に付けるシュート練習【後編】

親子でチャレンジ

イタリアに学ぶ! 体の動きを身に付けるシュート練習【後編】

2011年4月13日

キーワード:イタリアコーディネーションシュートトラップトレーニング練習

イタリアのACミランなどでフィジカルコーチとして経験を積み、帰国後はファジアーノ岡山U-18コーチとして活動する井田征次郎氏に、体の動き(コーディネーション)と技術、判断を高めるシュート練習を教えてもらいました。ミランのジュニアキャンプでやっていた練習メニューを通じて、サッカーに必要な体の動きを身につけるトレーニングの後編です。

■チャレンジ03《ワンタッチコントロールシュート》

11.4.13-1.png

ルール)
  1. DFがゴールラインからパスを出し、パスの方向へ前進する
  2. オフェンスはワンタッチでボールをコントロールし、前から来るDFをかわしてシュート
  3. DFのパスはグラウンダーだけでなく、浮き球にするなどバリエーションを持たせることもOK


解説)

「イタリアではよく、『トラップで方向づけをしよう』と指示をします。『オリエンタート(方向づける)』という言葉は、指導の現場でよく聞かれます。トラップを足元に止めるとコントロールに時間がかかり、次のプレーが遅れ、DFに(ボールを)奪われる可能性が高くなります。次のプレーを意識して方向をつけたトラップをして、1回のタッチでDFをかわしてシュートを打つイメージでプレーをしましょう。選手のレベルによっては、DF役は初めのうちは本気でボールを奪いに行くのではなく、寄せるふりのような形で、プレッシャーをかけるようにしてください」(井田氏)

■チャレンジ04《後方からパスを受けてシュート》

11.4.13-2.png

ルール)
  1. 3人組みとなり、DF役、パス役、シュート役に分かれる
  2. オフェンスのBはA(後方)から来るパスを受けてシュートを打つ
  3. DF役、パス役(A)、シュート役(B)は役割が変わるよう、ローテーションをする

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(180件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. イタリアに学ぶ! 体の動きを身に付けるシュート練習【後編】

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  6. しつこいマークがはずせないときは、どうすればいいの?【いまさら聞けないマークをはずす動き4】
    2015年11月26日
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. トレセンが全てじゃない! サッカー選手として成長するために、いま大事にしてほしいこと
    2017年11月 7日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. 「バルサはすごい」で終わらせないために。求められる『認知力』と『インテンシティ』
    2017年11月13日

一覧へ