1. トップ
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. イタリアに学ぶ! 体の動きを身に付けるシュート練習【後編】

親子でチャレンジ

2011年4月13日

イタリアに学ぶ! 体の動きを身に付けるシュート練習【後編】

キーワード:イタリアコーディネーションシュートトラップトレーニング練習

イタリアのACミランなどでフィジカルコーチとして経験を積み、帰国後はファジアーノ岡山U-18コーチとして活動する井田征次郎氏に、体の動き(コーディネーション)と技術、判断を高めるシュート練習を教えてもらいました。ミランのジュニアキャンプでやっていた練習メニューを通じて、サッカーに必要な体の動きを身につけるトレーニングの後編です。

■チャレンジ03《ワンタッチコントロールシュート》

11.4.13-1.png

ルール)
  1. DFがゴールラインからパスを出し、パスの方向へ前進する
  2. オフェンスはワンタッチでボールをコントロールし、前から来るDFをかわしてシュート
  3. DFのパスはグラウンダーだけでなく、浮き球にするなどバリエーションを持たせることもOK


解説)

「イタリアではよく、『トラップで方向づけをしよう』と指示をします。『オリエンタート(方向づける)』という言葉は、指導の現場でよく聞かれます。トラップを足元に止めるとコントロールに時間がかかり、次のプレーが遅れ、DFに(ボールを)奪われる可能性が高くなります。次のプレーを意識して方向をつけたトラップをして、1回のタッチでDFをかわしてシュートを打つイメージでプレーをしましょう。選手のレベルによっては、DF役は初めのうちは本気でボールを奪いに行くのではなく、寄せるふりのような形で、プレッシャーをかけるようにしてください」(井田氏)

■チャレンジ04《後方からパスを受けてシュート》

11.4.13-2.png

ルール)
  1. 3人組みとなり、DF役、パス役、シュート役に分かれる
  2. オフェンスのBはA(後方)から来るパスを受けてシュートを打つ
  3. DF役、パス役(A)、シュート役(B)は役割が変わるよう、ローテーションをする

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(182件)

コメント

  1. トップ
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. イタリアに学ぶ! 体の動きを身に付けるシュート練習【後編】