1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【前編】イタリアに学ぶ! サッカー選手の身体の動かし方

親子でチャレンジ

【前編】イタリアに学ぶ! サッカー選手の身体の動かし方

2010年12月16日

キーワード:イタリアコーディネーショントレーニング練習

サッカーにおける体の動かし方(コーディネーション)を4つに分けると、次のようになります。ステップ1:自分の体/ステップ2:自分の体とボール/ステップ3:自分の体とボールと対峙する相手(敵)/ステップ4:自分とボールと相手とその他の選手(味方やその他の相手)。技術においては、自分以外の相手や状況に左右されないで行う技術を『クローズドスキル』、相手や状況に応じて判断を伴う技術を『オープンスキル』と分けられますが、体の動かし方においても、1、2番目は自分の体が中心となり、状況に左右されないことから『クローズドスキル』。3、4番目は自分の体を動かすことに加えて、周囲の状況から判断し、体を動かすことが必要になることから『オープンスキル』と区別できるでしょう。今回は、イタリアで指導経験を積んだ井田征次郎コーチに、『体の動かし方を中心とした、イタリア式トレーニング』を教えていただきました。

■チャレンジ01 自分の体を思い通りにあやつるためのトレーニング

0004692.gif

ルール
コーチの合図でスタートし、ラダーの間を走り抜けていきます。スピードを上げる、途中で止まる、ジャンプをするなど、動きを工夫して楽しみましょう。体の向きを変える(前向き、後ろ向き、横向き)のも効果的です。(ラダーがない場合は、マーカーなどで代用しましょう)

解説
「このトレーニングの目的は『自分の体を思い通りに操ること』(ステップ1)です。小学校低学年の子のなかには、スキップやケンケン(片足跳び)が出来ない子もいるという話を聞きます。そのような場合、ラダー等の道具を利用して、単純な動きから始めるといいと思います。ラダートレーニングをするときに気をつけてほしいのが、『ラダーを飛ぶこと』が目的になってしまわないことです。たとえば、『今日の目標はスピードを速くすること』や『フォームを正確に』『手と足をバランスよく使う』など、トレーニングの中で何を改善したいのか、目的を持ってチャレンジしましょう」(井田氏)

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(179件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【前編】イタリアに学ぶ! サッカー選手の身体の動かし方

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. いまさら聞けない「ジュニア年代で身につけたいディフェンスの基本」 おすすめ記事3選
     

一覧へ