1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【後編】とっても大事な コーディネーション能力をきたえてみよう!

親子でチャレンジ

2010年12月 6日

【後編】とっても大事な コーディネーション能力をきたえてみよう!

キーワード:コーディネーショントレーニングボールキープヴェルディ練習

■チャレンジ05 「だるまさんが転んだ!」でボールコントロールを学ぶ

「だるまさんが転んだ!」の要領で、子どもがお父さんへと近づいていくゲームです。お父さんが振り返った時、子どもは、ボールを足で地面に押さえつけていなければなりません。そして、お父さんが見ていないスキに、ドリブルで少しづつ接近。最後はお父さんにタッチすれば子どもの勝ちです。常にボールを自分のコントロールできる位置に置いておくという、「ボールキープ」の意識が楽しみながら養えます。小学校低学年にオススメの楽しいメニューです。

000476004.jpg

コレが身につく!
ドリブル中でも常に自分のコントロールしやすい位置にボールを置いておくという「意識」を身につけていきましょう。

楽しみながらやることが大切!

東京ヴェルディのジュニアコーチに聞いた楽しいメニューの数々。基本的なサッカー選手の動きが自然と身につくような内容で、子どもでも楽しくチャレンジできるものばかり。ルールはシンプルながら、反復して行うことで、ボールや人へのリアクション、走りこむコース、ボールの扱いなどが段々と上手になっていくでしょう。これらのメニューは苦しみながらやるのではなく、あくまで楽しみながら行うことで、効果はどんどんと上がっていきます。お父さんはもちろん、お母さんでもできる、楽しく手軽なメニューばかりを紹介しました。東京ヴェルディ直伝のメニューに是非、挑戦してみてください!

3人.jpg

亘コーチ(左)/渡辺皓太選手(真ん中/東京ヴェルディジュニア)/萩村コーチ(右)//
今回のチャレンジメニューを伝授してくれた萩村さん(東京ヴェルディジュニア監督)、亘さん(東京ヴェルディジュニアコーチ)。そして、メニューにチャレンジしてくれた小学6年生の渡辺選手

前のページ 1  2

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(188件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【後編】とっても大事な コーディネーション能力をきたえてみよう!