1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【後編】とっても大事な コーディネーション能力をきたえてみよう!

親子でチャレンジ

【後編】とっても大事な コーディネーション能力をきたえてみよう!

2010年12月 6日

キーワード:コーディネーショントレーニングボールキープヴェルディ練習

ジュニア、ジュニアユース、ユースと、育成年代において多くの実績を残し、そのトレーニング手法には定評のある東京ヴェルディ。ここでは東京ヴェルディジュニア監督の萩村滋則さん、ジュニアチームコーチの亘(わたり)崇詞さんに、お父さんとジュニア選手が1対1でトライできる「コーディネーション能力を高める」メニューの後編を紹介していきます。コーディネーションとは、周囲の状況から必要な情報を目や耳など五感で察知し、正確にカラダの筋肉へと命令を伝え、正しくカラダを動かしていくという一連の動作のこと。ぜひ、取り組んでみてください。

■チャレンジ04 お父さんをしっかりマーク!守備の動きを身につける

コーンがあれば直線上に並べ、お父さんと子どもが向かい合います。お父さんは攻撃、子どもは守備に見立ててスタート。お父さんはフェイントやスピードの強弱をつけながら左右どちらかの端にあるコーンにタッチしようと動きます。子どもはその動きについていきながら、お父さんがコーンにタッチする直前にコーンへとタッチ。これでお父さんの動きを阻止したことになります。お父さんの目線や、体重移動の変化などを見て、小刻みに動きながら、しっかりとしたマークの動きを身につけていきます。30秒程度で攻守交代しましょう。

000476001.jpg

コレが身につく!
左右どちらにでも動きやすい姿勢と、素早いクロスステップを、カラダで覚えていくことが出来ます。

棒立ちの状態だと、素早い相手の動きについていけない
000476002.jpg

左右どちらにでも動きやすい体勢
000476003.jpg

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(180件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【後編】とっても大事な コーディネーション能力をきたえてみよう!

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  6. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. 長谷部選手も実践!効果的に足首を固定するテーピングの方法とは?
    2017年11月15日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. サッカーの練習だけだと、小学生年代でしか通用しない選手に? 子どもの頃に1つのスポーツに専門特化する危険性
    2017年11月20日

一覧へ