1. サカイク
  2. トピックス
  3. 【ダノン世界大会1日目】横浜FMプライマリーが1位通過!

トピックス

【ダノン世界大会1日目】横浜FMプライマリーが1位通過!

2013年9月 6日

キーワード:大会横浜F・マリノス

U−12世代の世界大会「ダノンネーションズカップ」の世界大会が9月5日にイギリス・ロンドンで開幕。優勝を目指して世界32カ国の国と地域から集まった。
 
 日本から出場した横浜F・マリノスプライマリーは予選リーグのグループAでトルコ、オランダ、チュニジアと対戦。2勝1分で1位通過を決めた。
 
satuo_600.jpg
初戦でゴールを決め、チュニジア戦でハットトリックを決めた佐藤宇(ひろ)くん
 
iwai_600.jpg
チュニジア戦で開始1分でゴールを決めたキャプテンの岩井龍翔司(りゅうじ)くん
 
 
 昨年はレジスタFC(埼玉県)が準優勝して話題を呼んだ同大会、今年度の日本代表である横浜F・マリノスプライマリーは昨年を超える「世界一」を合い言葉にロンドンに乗り込んだ。
 
 初戦の相手はトルコ。横浜F・マリノスプライマリーは「良い入り方ができた。ボールがよくハシッっていて、サイド、中央とバランス良く使えた」と西谷冬樹監督が言うように、序盤から何度もチャンスを作った。
 
 待望のゴールが生まれたのは12分、「フリーだったのでパスを呼び込んだ」佐藤宇(ひろ)くんが、左足でシュートを流し込んだ。その後、トルコはパワープレーに出て来たが、この1点を守りきった日本が初戦で勝ち点3を獲得。
 
 第2戦では長身選手が何人もいるオランダに対し、守備面では一人一人がしつこく食らいて応戦した。しかし、攻撃面ではオランダ選手の長い手足のタックルの前に、ペナルティーエリア内でシュート体勢になかなか持って行くことができず、0−0のスコアレスドロー。
 
 第2戦の時点で日本はオランダに次ぐ2位。第3戦のチュニジア戦では、大量得点を狙うため、キャプテンの岩井龍翔司(りゅうじ)くんをセンターバックから攻撃的なポジションに上げる「攻撃シフト」で臨んだ。
 
 チュニジア戦は開始1分の岩井くんのゴールを皮切りに、エース佐藤くんのハットトリックなどで大量8得点。この結果、日本はオランダを得失点差で上回り、グループAを1位で突破することが決まった。
 
 キャプテンの岩井くんは「うれしいけど、まだこの先があるのでここを通過点にしたい」と気を引き締めていた。明日6日は決勝トーナメントが行なわれ、日本はロシアと対戦する。
 
<<予選リーグ結果>>
 
・日本 1-0 トルコ
  得点者:佐藤宇
 
・日本 0-0 オランダ
 
・日本 8-0 チュニジア
  得点者:岩井龍翔司(2得点)・佐藤宇(3得点)・粟飯原央統(2得点)・出川裕一朗
 
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
横浜F・マリノスプライマリーが初優勝!ダノンネーションズカップ2013in JAPAN
 
1
取材・文/北健一郎 写真/ムツ・カワモリ

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7282件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 【ダノン世界大会1日目】横浜FMプライマリーが1位通過!

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. ゴールキーパーの練習メニュー ~シュートブロック編~
    2017年8月21日
  2. サッカーが上手くなるためのビデオ映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  3. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  4. 夏休み、ちゃんと休んでますか? サッカーが上手くなるのに大事な2種類の休み方
    2017年8月21日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  7. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  10. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     

一覧へ