1. サカイク
  2. トピックス
  3. 【ダノン世界大会1日目】横浜FMプライマリーが1位通過!

トピックス

【ダノン世界大会1日目】横浜FMプライマリーが1位通過!

2013年9月 6日

キーワード:大会横浜F・マリノス

U−12世代の世界大会「ダノンネーションズカップ」の世界大会が9月5日にイギリス・ロンドンで開幕。優勝を目指して世界32カ国の国と地域から集まった。
 
 日本から出場した横浜F・マリノスプライマリーは予選リーグのグループAでトルコ、オランダ、チュニジアと対戦。2勝1分で1位通過を決めた。
 
satuo_600.jpg
初戦でゴールを決め、チュニジア戦でハットトリックを決めた佐藤宇(ひろ)くん
 
iwai_600.jpg
チュニジア戦で開始1分でゴールを決めたキャプテンの岩井龍翔司(りゅうじ)くん
 
 
 昨年はレジスタFC(埼玉県)が準優勝して話題を呼んだ同大会、今年度の日本代表である横浜F・マリノスプライマリーは昨年を超える「世界一」を合い言葉にロンドンに乗り込んだ。
 
 初戦の相手はトルコ。横浜F・マリノスプライマリーは「良い入り方ができた。ボールがよくハシッっていて、サイド、中央とバランス良く使えた」と西谷冬樹監督が言うように、序盤から何度もチャンスを作った。
 
 待望のゴールが生まれたのは12分、「フリーだったのでパスを呼び込んだ」佐藤宇(ひろ)くんが、左足でシュートを流し込んだ。その後、トルコはパワープレーに出て来たが、この1点を守りきった日本が初戦で勝ち点3を獲得。
 
 第2戦では長身選手が何人もいるオランダに対し、守備面では一人一人がしつこく食らいて応戦した。しかし、攻撃面ではオランダ選手の長い手足のタックルの前に、ペナルティーエリア内でシュート体勢になかなか持って行くことができず、0−0のスコアレスドロー。
 
 第2戦の時点で日本はオランダに次ぐ2位。第3戦のチュニジア戦では、大量得点を狙うため、キャプテンの岩井龍翔司(りゅうじ)くんをセンターバックから攻撃的なポジションに上げる「攻撃シフト」で臨んだ。
 
 チュニジア戦は開始1分の岩井くんのゴールを皮切りに、エース佐藤くんのハットトリックなどで大量8得点。この結果、日本はオランダを得失点差で上回り、グループAを1位で突破することが決まった。
 
 キャプテンの岩井くんは「うれしいけど、まだこの先があるのでここを通過点にしたい」と気を引き締めていた。明日6日は決勝トーナメントが行なわれ、日本はロシアと対戦する。
 
<<予選リーグ結果>>
 
・日本 1-0 トルコ
  得点者:佐藤宇
 
・日本 0-0 オランダ
 
・日本 8-0 チュニジア
  得点者:岩井龍翔司(2得点)・佐藤宇(3得点)・粟飯原央統(2得点)・出川裕一朗
 
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
横浜F・マリノスプライマリーが初優勝!ダノンネーションズカップ2013in JAPAN
 
1
取材・文/北健一郎 写真/ムツ・カワモリ

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7190件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 【ダノン世界大会1日目】横浜FMプライマリーが1位通過!

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 球際の競り合いで勝てるようになる!ルーズボールを奪う3つのコンタクトスキル
    2016年12月 5日
  2. 投げ出さないように"契約"を結ぶ? バディスポーツ幼稚園の「子どもの"やる気"を引き出す」6つのコツ
    2016年12月 7日
  3. ジュニアユースと学業の両立どうなんだ問題
    2016年12月 9日
  4. バディスポーツ幼稚園に学ぶ「子どもの"積極性"を育む」子育て7つのコツ
    2016年12月 2日
  5. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  6. 押し出すインサイドキックはNG?長い距離でも減速しない正確で速いパスの蹴り方
    2016年11月28日
  7. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  8. 『リスペクト宣言』って知ってる⁉ 公式戦で大声や怒声を響かせるのは、もう止めよう
    2016年11月30日
  9. サッカー少年を伸ばす親はなにが優れているのかがわかる記事7選
     
  10. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日

一覧へ