1. サカイク
  2. 連載
  3. 東北の元気を届ける『仙台だより』
  4. グラウンドがない・・・。仙台市若林区の少年団S・K SCの現状

東北の元気を届ける『仙台だより』

グラウンドがない・・・。仙台市若林区の少年団S・K SCの現状

2011年5月27日

キーワード:コラム仙台だより応援プロジェクト

sendai.jpg

東日本大震災の被害を受けた仙台市を中心としたジュニアチームや育成年代を追う「仙台だより」。第2回目は仙台市若林区のサッカー少年団「S・K SC」の活動を紹介します。震災以降1カ月半もの間練習ができませんでしたが、ようやく練習を再開しました。しかし、チームは練習グラウンドの確保という問題に直面しています

11.5.27-1.jpg
S・K SCの5~6年生の選手たち

■練習場だった小学校グラウンドが使用不可能に

「S・K SC」は仙台市若林区七郷・蒲町地区を活動拠点とするサッカー少年団です。チーム名の「S・K」は七郷(SHICHIGO)・蒲町(KABANOMACHI)のアルファベットの頭文字を取ったもの。普段は仙台市立七郷小学校・蒲町小学校のグラウンドを活動拠点にしています。宮城県内の強豪チームで、昨年の「全日本少年サッカー大会宮城県大会」では、ベスト4進出を果たしました

今回の震災では仙台市若林区は沿岸部で甚大な津波被害を受けました。七郷・蒲町地区は津波被害自体は軽微で、選手たちも無事だったとのことです(以前は甚大な被害を受けた荒浜地区から通っていた選手もいたそうですが、現在はいないとのこと)。

しかし、練習を再開するには大きなハードルがありました。まず、練習場だった七郷小学校・蒲町小学校はいずれも避難所となり、グラウンドが使えなくなってしまったのです(七郷小学校は体育館が壊れたため、避難所としては現在使用しなくなりました)。取材した5月7日時点でもまだ使用の目処は立っていません。

11.5.27-2.JPG 11.5.27-3.jpg
写真左は七郷小学校のグラウンド。柵で囲まれた場所にプレハブ校舎が建てられるようです。今後、グラウンドの空いた場所を使えないか、交渉していくとのことです。写真右は蒲町小学校のグラウンド。グラウンドの半分が体育館に避難している被災者向けの駐車場となっています

1  2  3  4

関連記事

関連記事一覧へ

東北の元気を届ける『仙台だより』コンテンツ一覧へ(20件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 東北の元気を届ける『仙台だより』
  4. グラウンドがない・・・。仙台市若林区の少年団S・K SCの現状

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 『遊び』を通してサッカーに必要なスキルを身につける!子どもが楽しんで取り組めるトレーニングまとめ
     
  2. 動画で解説!相手の攻撃を前進させないためにバルセロナの選手が行っていること
    2017年2月16日
  3. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  4. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  5. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  6. 「よのなか科」推進の藤原さんが大切と語る"縦"の親でも"横"の友達でもない、"ナナメの関係"がサッカー少年を成長させる
    2017年2月17日
  7. 動画で解説!なぜバルセロナの選手は、ボールを失ってもすぐに奪い返せるのか?
    2017年2月13日
  8. 男子による女子への集団いじめをどうするか問題
    2017年2月15日
  9. FCバルセロナの下部組織&サッカーサービスのスペイン人コーチに学ぶ「13歳までに身につけたい守備戦術」など
     
  10. あなたが"つい"差し伸べた手が、子どもの成長を止めている
    2015年2月18日

一覧へ